【海坂藩の風景】蟬しぐれ 旧渋谷家住宅・鶴岡

2017年04月13日
主人公の牧文四郎と友人が再会を祝い、酒を飲み交わす場面が撮影された「旧渋谷家住宅」   =鶴岡市・致道博物館(白い線は登場人物のイメージ)
主人公の牧文四郎と友人が再会を祝い、酒を飲み交わす場面が撮影された「旧渋谷家住宅」   =鶴岡市・致道博物館(白い線は登場人物のイメージ)
 海坂藩のお世継ぎ問題に巻き込まれ、父を失った牧文四郎の成長と、隣家の娘で藩主の側室になったふくとの秘められた恋を描いた「蝉しぐれ」。映画の中で、鶴岡市の致道博物館にある国指定重要文化財「旧渋谷家住宅」は、文四郎(市川染五郎)と友人の逸平(ふかわりょう)、江戸から戻った与之助(今田耕司)が久しぶりに再会し、酒を酌み交わした店として登場する。

 1822(文政5)年築の民家は木造3階建て4層構造で、「かぶと造り」のかやぶき屋根が特徴。1965(昭和40)年に旧朝日村(現鶴岡市)の田麦俣から移築された。むしろの織り機や養蚕の道具が置かれ、昔の豪雪地帯の暮らしぶりに触れられる。

 文四郎らがいる部屋は、仏壇と神棚、いろりがあり、生活の中心だった「御前」。撮影は夏場の日中に行われ、展示品を全て運び出した後、シートで出入り口や障子を覆い、夜の酒場を演出した。重要文化財の制約がある中、素朴な古民家をあでやかな空間に生まれ変わらせたスタッフの技に驚く。このシーンには酌婦として渡辺えりさん(山形市出身)の姿も。同博物館の酒井忠久館長は「役者さんたちは暑くて大変だったと思う。ちょんまげ姿のエキストラに見慣れると、それが自然な風景のように感じられて不思議だった」と振り返った。
(報道部・鈴木悟)

【蝉しぐれ】
 ▽監督=黒土三男
 ▽出演=市川染五郎、木村佳乃、緒形拳(2005年)

「旧渋谷家住宅」の外観。「かぶと造り」の屋根が美しい
「旧渋谷家住宅」の外観。「かぶと造り」の屋根が美しい


藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から