【没後20年・生誕90年】作家・佐伯一麦(下) 「海坂藩の食卓」を巡って

2017年04月29日
 〈棒ダラの煮物、むきそば、はえぬきを炊いた米、民田ナスの漬物、ミョウガの甘酢漬け、いかとわかめの酢みそ和(あ)え、青菜のおひたし〉

 2006年に仙台文学館で開かれた「藤沢周平の世界展」を見た折に、館内にあった杜の小径というレストランでは、それにちなんだ「海坂藩の食卓」というメニューを出していて、味わうことができた。

 杜の小径の店長で、2年前の6月に亡くなった三山タエ子さんは、企画展示に合わせた定食メニューを考案して、文学館を訪れるもう一つの楽しみを提供してくださったものだった。夏目漱石、石川啄木、宮沢賢治、林芙美子、松本清張……など40品目にのぼったメニューの中でも、「最も好評を博したのが『海坂藩の食卓』でした」と生前の三山さんから話を伺ったことがあった。ちなみに、仙台文学館の企画展示で観覧者数が1万人を超えることは滅多(めった)にないとのことだが、このときは2カ月弱の開催で1万2186を数え、熱心な藤沢文学ファンの多いことが窺(うかが)える。

 藤沢周平氏のふるさと庄内の家庭料理である「海坂藩の食卓」を味わいながら、同じ食べ物が出てくる藤沢作品のあれこれを思い出すのは愉(たの)しいひとときだった。3日間かけて骨まで食べられる棒ダラの煮物は、映画の「たそがれ清兵衛」にストーリーが取り込まれている「祝(ほ)い人(と)助八」に、〈棒鱈(だら)と呼ぶ鱈の干物〉と出てくるのを思い出させる。民田茄子(なす)は藤沢氏が生まれた旧黄金村の隣の旧民田村の名産で、初期の短編「ただ一撃」に、主人公の老剣士範兵衛が歯のない口に入れて食べ、〈鶴ケ岡の城下から三十丁ほど離れたところに、民田という村がある。ここで栽培する茄子は小ぶりで、味がいい〉と説明される。

 ミョウガの甘酢漬けとくれば、後記の代表作の一つ「三屋清左衛門残日録」の重要な舞台である小料理屋「涌井」で、清左衛門と古くからの友人で町奉行の佐伯熊太が連れ立って酒を飲んで肴(さかな)をつまみ、ミョウガの梅酢漬けを口にした熊太が、〈赤蕪(かぶ)もうまいが、この茗荷(みょうが)もうまいな〉と漬け物を噛(か)むところが浮かび、気持ちのよい友達づきあいにこちらも一緒しているような心地となる。味付けを褒めると、三山店長から、得意の一品、との笑みが返ってきたことも忘れられない。

 じつは、その展示期間中に、シンガポール華人作家の丁雲氏と対談する機会が仙台文学館であり、対談後の食事の席で、もう一度海坂藩の食卓を口にした(このときには赤蕪もついた)。歯が欠けているので肉は苦手で、という丁雲氏は、柔らかく煮上がった棒ダラが気に召したらしく、労働で鍛えられたらしい武骨な手に挟まれた箸が満足そうに何度も口に運ばれた。そして、素朴ながら味わい深い品々から思いを馳(は)せたのか、自分が小さかった頃はサツマイモの茎の料理がご馳走(ちそう)だった、と懐かしんだ。もし翻訳があれば、丁雲氏も藤沢文学のファンとなったにちがいない。(仙台市)
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回ふるさとの話題をお届け

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から