【海坂藩の風景】蟬しぐれ 赤川沿いのケヤキの大木・鶴岡

2017年06月08日
水神様の祠と鳥居が目印。後ろが撮影で使われたケヤキ。木は赤川沿いぎりぎりに立っているため、足元に注意が必要
水神様の祠と鳥居が目印。後ろが撮影で使われたケヤキ。木は赤川沿いぎりぎりに立っているため、足元に注意が必要
 子どもの頃、気の置けない仲間たちが自然に集まる場所があった。たわいもない話で盛り上がり、時には大人に言いにくいことを打ち明けたりもした。「蝉しぐれ」の主人公牧文四郎と親友の小和田逸平、島崎与之助は、問題に直面すると決まって川沿いのケヤキの大木に向かった。3人にとって特別な場所といっていい大木は、鶴岡市東岩本の赤川沿いに堂々と立っている。

 剣術の道場で叱られ落ち込む少年与之助は、この木で文四郎と逸平に学問を修めるための江戸行きを相談する。大人になった文四郎は、家老の里村から藩主の側室となった幼なじみ・お福の子をさらってくるよう命じられる。そのことを2人に伝え、ある策の実行を決意したのもこの場所だった。原作小説ではそれぞれ五間川の「石置き場」と「逸平の家」が相談場所になっている。「人生を左右する重要な相談=ケヤキの大木」とした映画の方が、3人の揺るぎない絆をより表現しているように思える。

 ケヤキの大木は、水神様を祭る祠(ほこら)を守るようにしてあり、地表には複数の太い根が隆起している。自宅裏にある祠を管理している小野寺勇さん(64)は「映画でも少年が川に落ちるシーンがあるが、昔は木の周りが河原になっていてよく泳いだ。今でも夏になると中高生が木の枝を伝って、飛び込んでいるのを見るよ」と話した。(報道部・鈴木悟)

 文四郎と逸平、与之助の相談場所として登場する赤川沿いのケヤキの大木=鶴岡市東岩本(イラストは登場人物のイメージ)
文四郎と逸平、与之助の相談場所として登場する赤川沿いのケヤキの大木=鶴岡市東岩本(イラストは登場人物のイメージ)
=木曜日に掲載します

 【蝉しぐれ】
 ▽監督=黒土三男
 ▽出演=市川染五郎、木村佳乃、緒形拳
(2005年)

藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から