【海坂藩の風景】小川の辺 霞城公園・東大手門・山形

2017年07月06日
映画の冒頭、過酷な藩命を受けた主人公・戌井朔之助が城から出てくるシーンを撮影した霞城公園の東大手門=山形市(イラストは場面のイメージ)
映画の冒頭、過酷な藩命を受けた主人公・戌井朔之助が城から出てくるシーンを撮影した霞城公園の東大手門=山形市(イラストは場面のイメージ)
 「小川の辺(ほとり)」は冒頭から、画面に緊迫した空気が流れる。海坂藩の藩士戌井朔之助(いぬいさくのすけ)(東山紀之)は夜、城内に呼ばれ、お上の命令が伝えられた。藩政を批判し脱藩した佐久間森衛(もりえ)(片岡愛之助)を討て、と。朔之助は固辞する。一緒に逃げている佐久間の妻田鶴(たず)(菊地凛子)は実の妹だった。これまで戌井家におとがめはないが、断るとどうなるかは分からない。結局、引き受けるしか道はなかった。

 朔之助は重い足取りで門をくぐり、城外に出た。この場面が山形市の霞城公園・東大手門で撮影された。東大手門は台湾ひのきを用いて1991年に完成した。堂々たる石垣と門は、あらがうことのできない「藩命」の重さを象徴しているようだ。

 朔之助は佐久間の処分に疑問を抱いていた。佐久間は郡代次席という立場ながら藩主に直接、農政改革案を提出した。それはまさに「正論」だったが、自身の政策を批判された藩主は激怒した。正論をかざす部下、煙たがる上層部、部下の胸中を理解しながらも命令に従い、業務を遂行しなければならない中間管理職―。現代社会にも通じる人間模様が描かれている。

春は桜の名所としてにぎわう。平日の日中でも地元の人や高校生、観光客が多く行き来する
春は桜の名所としてにぎわう。平日の日中でも地元の人や高校生、観光客が多く行き来する
 藤沢さんはエッセー「時代小説の可能性」の中で「時代や状況を超えて、人間が人間である限り不変なものが存在」し、それを「人情という言葉で呼んでもいい」と書いていた。そんなことを思い出しながら、東大手門の櫓(やぐら)門を撮影していると、軽やかに、砂利を踏み鳴らして歩く老夫婦に声を掛けられた。「新聞、読んでいるよ」「暑い中、大変ねえ。頑張って」。遠ざかる二人の後ろ姿に、深々と頭を下げた。
(報道部・鈴木悟)

 【小川の辺】
 ▽監督=篠原哲雄
 ▽出演=東山紀之、菊地凛子、勝地涼(2011年)

藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から