花のあと 庄内藩校致道館・鶴岡

2017年08月17日
江口孫四郎の仕事場として使われた(手前から)御次の間と御三の間=鶴岡市馬場町・致道館(イラストは場面のイメージ)
江口孫四郎の仕事場として使われた(手前から)御次の間と御三の間=鶴岡市馬場町・致道館(イラストは場面のイメージ)
 「個性伸長」と「自学自習」を重んじ、庄内藩士が学問に励んだ鶴岡市馬場町の庄内藩校致道館。「花のあと」では家老の詰め所であり、藩の会議が開かれた「御次(おつぎ)の間」などが、奏者番の家に婿入りした江口孫四郎(宮尾俊太郎)らの仕事場として使われた。真剣な表情で働く侍の姿に、約200年前の光景が思い浮かぶようだ。

 同館は庄内藩酒井家9代忠徳(ただあり)が1805(文化2)年に創設し、16年に現在地へ。73(明治6)年の廃校後は鶴岡警察署や小学校などに使われ、1951(昭和26)年に国の史跡に指定された。

 撮影は2009年4月。人気の観光名所ということもあり、ロケ場所への立ち入りを制限しながら一般公開した。当時、機材の搬入などに携わった鈴木晃社会教育課長(56)は「宮尾さんが、廊下で所作を繰り返し確認していたのが印象に残っている」と振り返る。

鶴岡の教育の原点である庄内藩校致道館。現在も「個性伸長」「自学自習」といった徂徠学の教えが根付いている
鶴岡の教育の原点である庄内藩校致道館。現在も「個性伸長」「自学自習」といった徂徠学の教えが根付いている
 同館統括文化財保護指導員の富樫恒文さん(69)は「致道館は鶴岡の教育の原点。藤沢さんの素晴らしい作品の撮影に使われてうれしい」と話す。今も同館では、子どもたちが江戸時代から伝わる「庄内論語」を素読しているという。勉学にいそしんだ庄内藩士の魂は、脈々と受け継がれていく。

(鶴岡支社・木村友香理)

【花のあと】
 ▽監督=中西健二
 ▽出演=北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎(2010年)

藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から