【海坂藩の風景】蝉しぐれ 玉川の祠・鶴岡

2017年10月05日
牧文四郎が少年たちとけんかをするシーンが撮影された。奧に見えるのは、ふくが牧家の無事を祈った祠=鶴岡市羽黒町玉川
牧文四郎が少年たちとけんかをするシーンが撮影された。奧に見えるのは、ふくが牧家の無事を祈った祠=鶴岡市羽黒町玉川
 田んぼの脇の細い道が森に延びている。そばには小さく赤い鳥居と古びた祠(ほこら)―。映画「蝉しぐれ」で何度か登場するこの風景は、鶴岡市羽黒町玉川に今もそのまま残っている。

 少年牧文四郎(石田卓也)は海坂藩のお世継ぎ争いに巻き込まれ捕らわれた父助左衛門(緒形拳)に会いに行く。その際、隣家の娘ふく(佐津川愛美)が無事を祈ったのがこの祠だ。助左衛門は死罪となり、文四郎が遺体を荷車に載せ炎天下、ふらふらになりながら家まで運ぶシーンも撮影された。

 印象的なのは、ふくが江戸に旅立つ前日の場面。母親から「牧家とはもう関わるな」と言われていたふくが文四郎の家を訪ねる。秘めていた思いを打ち明けようとしていた。しかし、文四郎は留守だった。間もなく戻った文四郎はふくを追い掛けたが、祠の近くで少年たちから「反逆者のせがれが…」と因縁を付けられ、袋だたきに遭う。結局、2人が会うことはかなわなかった。

ロケ地周辺には、黄金の稲穂がじゅうたんのように広がっていた
ロケ地周辺には、黄金の稲穂がじゅうたんのように広がっていた
 原作小説では、急いでふくを探したが会えなかった―という書き方で、映画の方が別れをドラマチックに描写している。

 近くに住む大工の岡田誠さん(68)は「仕事で映画の撮影の様子は見ていないが、後から『子どもたちがチャンバラしていた』と聞いた」と当時を振り返る。この祠は「不動さま」を祭り、毎年4月下旬には地区の住民がそろって参拝するのだと教えてくれた。

(報道部・鈴木悟)

【蝉しぐれ】
 ▽監督=黒土三男
 ▽出演=市川染五郎、木村佳乃、緒形拳(2005年)

藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から