【海坂藩の風景】蟬しぐれ 旧風間家住宅「丙申堂」・鶴岡

2017年12月14日
牧文四郎とお福さまが約20年ぶりに再会するラストシーンが撮影された=鶴岡市馬場町・丙申堂(イラストは場面のイメージ)
牧文四郎とお福さまが約20年ぶりに再会するラストシーンが撮影された=鶴岡市馬場町・丙申堂(イラストは場面のイメージ)
 映画「蝉しぐれ」のラストシーン。舟の上で、牧文四郎(市川染五郎)は1通の手紙を読んでいる。差出人は、幼なじみで藩主の側室となったお福さま(木村佳乃)だった。秋に尼になること、その前に「あなたさまに一度お会いしたい」と書かれていた。

 文四郎がお世継ぎ争いに巻き込まれ、お福さまとその子を救ってから20年ほどの月日がたっている。宿の日本庭園に臨む部屋で再会した2人は、静かに来し方を語り合う。しばらくして、お福さまは意を決したように、胸に秘めていた思いを伝える。すれ違っていた人生はようやく交わる。その「言葉」は何とも切なく、胸に迫る。いつ見ても涙をこらえるのを苦労するシーンだ。

座敷から望む庭園。丙申堂の今年の営業は終了しており、来年は3月1~31日におひなさまの特別展示で開館する。一般公開は4月10日から
座敷から望む庭園。丙申堂の今年の営業は終了しており、来年は3月1~31日におひなさまの特別展示で開館する。一般公開は4月10日から
 撮影場所は鶴岡市の国指定重要文化財・旧風間家住宅「丙申堂」の小座敷。かつては客人を泊めるために使われていた。ロケ時には塀の奥が見えないよう、スタッフが竹を立て掛けたのだという。建物を管理する公益財団法人克念社の常務理事・上野康成さんは「映画の中の2人と同じ場所に座って写真を撮る夫婦も多い」と話していた。庭に目をやると紅葉が雨にぬれていた。今度は大切な人と一緒に来てみようか。

(報道部・鈴木悟)

【蝉しぐれ】
▽監督=黒土三男
▽出演=市川染五郎、木村佳乃、緒形拳
(2005年)

藤沢周平生誕90年、没後20年 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から