連載企画

月山・夏変化

■広くて深い、多彩な相貌 <最終日>
2009年08月02日 掲載
広大な湿原の所々に池塘(ちとう)がある弥陀ケ原。多くの登山客が散策を楽しむ=1日午前11時10分
広大な湿原の所々に池塘(ちとう)がある弥陀ケ原。多くの登山客が散策を楽しむ=1日午前11時10分
 月山踏破最終日の1日、一行は最もポピュラーなコースを下り、庄内側の弥陀ケ原に下山した。白装束の登拝者が登山者より多く、月山が信仰を集めてきた山だということをあらためて感じる。

仏生池小屋の近くまで駆けつけ、踏破隊を出迎えてくれた県山岳連盟顧問の稲泉真彦さん(右から3人目)。踏破終了後、スイカを振る舞ってくれた=1日午前9時38分
仏生池小屋の近くまで駆けつけ、踏破隊を出迎えてくれた県山岳連盟顧問の稲泉真彦さん(右から3人目)。踏破終了後、スイカを振る舞ってくれた=1日午前9時38分
 9合目の仏生池小屋に着く手前で、県山岳連盟顧問の稲泉真彦さん(68)=鶴岡市=に出会った。今回の登山ガイド吉田岳(たかし)さん(40)=小国町=が2007年、中国チベット自治区の未踏峰ヤラシャンポ(6635メートル)に初登頂した際の隊長。この縁で、わざわざ出迎えに来てくれたのだ。

 月山には、以前から繰り返し登ってきた。近ごろは、かつての修験の場で普段訪れる人の少ない西普陀落などに足を延ばす。「最近の月山は日帰りの山。山頂に泊まって、朝夕の景色をゆっくり眺めるのもいいのでは」

 稲泉さんと一緒に、広大な高層湿原の弥陀ケ原を回った。数え切れないほどの池塘(ちとう)が点在する中、黄色のオゼコウホネが咲いている。氷河期の生き残りで、尾瀬と月山などにしか残っていない貴重な花。無事終点に着いた後は、稲泉さん差し入れのスイカに舌鼓を打った。

氷河時代の生き残りだという貴重な植物「オゼコウホネ」。弥陀ヶ原の池塘で見られる=1日午前11時20分
氷河時代の生き残りだという貴重な植物「オゼコウホネ」。弥陀ヶ原の池塘で見られる=1日午前11時20分
 今回のスタッフに感想を聞いた。初参加の増田光秀さん(35)=小国町、林業=は「月山はスキーでしか来たことがなかったが、登り応えのある面白い山」、3年連続で発電機などの重い荷物を運んでくれた山形大ワンダーフォーゲル部OBの金野伸さん(24)=同、同=は「弥陀ケ原や姥沢からのコースしか知らなかったが、今回マイナーコースで月山の別の面を見ることができ、楽しかった」。同大自然に親しむ会会長の小寺義(ただし)さん(22)=理学部3年、山形市=は「月山は初めてなのにほぼ全コースを歩いて、貴重な体験ができた」、吉田さんは「全体的に登山道は整備されている。あまり利用されていない念仏ケ原避難小屋、清川行人小屋なども、山行にもっと活用してほしい」。

 月山は、本県のほぼ中央に位置する独立峰。山形新聞パーティーがこれまで縦走、踏破してきたのは飯豊、朝日連峰をはじめ県境に位置する山だっただけに、貴重な存在だ。八方七口といわれるように、登拝の道も古来各地から通じる。ただし、登山者からは何となく軽く見られていたような気がする。「日本百名山」の深田久弥も、こう書く。「優しく-それが月山である」

 それだけだろうか。今回分かったことがある。月山は実は多彩な相貌(そうぼう)を隠し持っていた。まず、姿形が見る方向で全く異なる。村山地方では半円形のたおやかな姿を見せる一方、尾根筋を長く延ばす庄内では「臥した牛の背のよう」(森敦「月山」)。6日間山に入っているうちに、味わい深い道にも出合った。例えば、山頂までの道のりが17キロと長く、変化に富んだ肘折コースや、大雪渓の大雪城を下って本道寺・岩根沢に向かう荒々しいコース。たとえ、ほかの登山者と擦れ違うことがないとしても。

 6日間の山行を通じて、月山に対するイメージが改まった。

 月山は広く、深い。

(月山踏破取材班=報道部・鈴木雅史、堀川貴志)
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

3月30日配信。登録はコチラ

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から