県内 ご当地味覚

「県内 ご当地味覚」では、県内各地に伝わる食材や伝統料理について、その由来と栽培・調理法、味わい、旬の時期などを紹介していきます。

カブのかす汁 野菜も取れて体ぽかぽか

 だし汁に酒かすを溶いた「かす汁」は、厳寒の冬を温かく過ごす昔ながらの人気料理。具材は大根やニンジン、サケなど地域によってさまざまだが、山形市ではシンプルなカブ汁が親しまれている。

 目抜き通りで江戸時代初期から毎年1月10日ににぎやかに開かれる「初市(市神祭り)」。この日にカブ汁を食べる習わしがある。これは商業の神にあやかって大株(かぶ)主になれるようにとの願いが込められており、縁起の良い一品だ。

 カブは包丁の手元の角で、えぐるように「ぶっかく」。表面はでこぼこになるが、面をきれいに切り取ったものに比べて味がしみ込みやすいという。だし汁にカブ、油揚げ、打ち豆を入れ、カブが軟らかくなるまで煮る。だんだん透明になってくるのが目安。長さ3センチほどに切ったカブの葉を加えて火を通したら、みそと酒かすを溶いて味を整える。

 「簡単にでき、体が温まる季節の料理。野菜も取れて健康にもいい。ご家族でどうぞ」と山形市食生活改善推進協議会長の亀谷千代子さん。作り方は山形市保健センターのホームページ「山形の郷土料理集」でも紹介している。アドレスはhttp://www.city.yamagata.yamagata.jp/hoken/kyoudoryouri/

【材料】1人分はカブ100グラム、カブの葉10グラム、打ち豆5グラム、油揚げ8グラム、だし汁150ミリリットル、みそ10グラム、酒かす5グラム。だし汁は、お湯が沸騰したらかつお節を入れて火を止め、かつお節が沈んだら上澄みを取る。油揚げは短冊形に切り、打ち豆は使う前にしばらく水に漬けておく。
2010年02月2日 掲載
過去の記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から