県内 ご当地味覚

「県内 ご当地味覚」では、県内各地に伝わる食材や伝統料理について、その由来と栽培・調理法、味わい、旬の時期などを紹介していきます。

たんぽ餅 くるみみその深い味わい

 寒い季節に、高畠町二井宿地区で食べられる「たんぽ餅」。戦後、山中で炭焼きを行う職人たちが、昼食に持って行ったおにぎりを温め直すために木の棒に刺して炭で焼いたのが始まりという。現在は表面にくるみみそを塗って焼くのが定番で、甘じょっぱく深みのある味わいが町民に人気。たんぽ餅が振る舞われる地区の祭りには、地区外からも多くの人がその味を求めて訪れる。

たんぽ餅
 まず、くるみみそ作り。クルミをミキサーに掛けペースト状に。みそと砂糖、豆腐、日本酒、みりんもミキサーに掛けてとろみが出るまで混ぜる。くるみペーストと合わせれば、とろりと滴るくるみみそが完成。味をなじませるために一晩寝かせるとよい。

 ご飯を炊いたら、茶わん1杯分ずつをおにぎり状に丸める。割り箸の先など太めの木の棒に刺し、焼いた時落ちないよう空気を抜いて細長い形に固定し、表面にくるみみそを塗る。本来は炭火で焼くが、家庭では手に持ったままこんろの火にかざしてもいい。10分ほどあぶって表面に焼き目が付いたら完成だ。

 同地区でたんぽ餅の継承活動に取り組む女性組織の安藤文子さん(76)は「くるみみそは、酒とみりんだけでとろみが足りなかったら水を適量混ぜて。手間がかかるけど味は逸品だよ」と太鼓判を押す。

【材料】 (10本分)茶わん10杯分のご飯、クルミ50グラム、みそ150グラム、砂糖125グラム、日本酒とみりん各25ミリリットル、豆腐25グラム。

2011年10月25日 掲載
過去の記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から