県内 ご当地味覚

「県内 ご当地味覚」では、県内各地に伝わる食材や伝統料理について、その由来と栽培・調理法、味わい、旬の時期などを紹介していきます。

アブラツノザメのしょうゆ漬けとみそ田楽 簡単、ホクホク軟らかい

 庄内一円では2月にアブラツノザメの漁獲がピークを迎え、食卓にサメ料理が並ぶ家庭も多い。しょうゆ漬けやみそ田楽の調理は簡単で、ホクホクとした軟らかい身が楽しめる。

アブラツノザメのしょうゆ漬けとみそ田楽
 県庄内総合支庁水産課によると、アブラツノザメの体長は30センチから1メートル。底引き網漁で水揚げされる。調理法はさまざまで、新鮮なら刺し身でも味わえる。今回は県漁協女性部吹浦支部(赤塚信子支部長)が運営する水産物直売所「元気な浜店」の皆さんに調理法を教えてもらった。

 しょうゆ漬けは、身をしょうゆと酒少々を混ぜた物に約30分間漬け、強火で15分ほど焼く。裏表がきつね色に焼けたら完成。一方、みそ田楽は、身を15分ほど火にかけ、両面がこんがり焼けたらみそ、砂糖、水、酒で作った田楽みそを塗る。

 「サメと言えば人を襲う魚というイメージが強いが、アブラツノザメは調理も簡単でおいしい。骨は軟骨1本しかないので子どもにも食べやすい」と赤塚支部長。サメの切り身はスーパーで手に入るという。

【材料】
▽しょうゆ漬け(4人分)身4切れ、しょうゆ150ミリリットル、酒少々
▽みそ田楽(同)身4切れ、みそ100グラム、砂糖160グラム、水250ミリリットル、酒少々

2012年2月7日 掲載
過去の記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から