やまがた農新時代

第6部・環境保全型農業(9) ナチュラルカフェ・グランロック(山形)

2014年11月26日
彩りある無農薬野菜を使った各種副菜が並ぶ=山形市・ナチュラルカフェ グランロック
彩りある無農薬野菜を使った各種副菜が並ぶ=山形市・ナチュラルカフェ グランロック
 木のぬくもりが詰まったレストランの中央に据えられた大きなテーブルに、高窓から柔らかな光が差し込む。日差しの先には青々とした葉物野菜にヒジキやニンジンを加えたサラダ、大根のきんぴら、モヤシとキノコの和風マリネなど彩りあるメニューと、手作りドレッシングが並ぶ。県庁に程近い山形市松波4丁目の「ナチュラルカフェ グランロック」。おいしい野菜を提供する店として定評があり、ランチを楽しむ客に野菜を使った各種副菜が好きなだけ食べられるサービスを取り入れる。

■自分を大切に
 提供する野菜は、化学肥料を一切使わない有機肥料からできた土壌の農産物に限る。同市芳野の「ユーミーズコン」が経営。代表の有路裕美さん(48)=同市篭田1丁目=が手掛ける自家菜園や借りた畑で調達するほか、市内東部の人里離れた10アールほどの土地で無農薬野菜を育てる知人から仕入れる。有路さんは「食の大切さ、さらに言えば自分を大切にする食の在り方を提示するのが、この店をオープンさせた狙い」と強調する。

 現在、店の厨房(ちゅうぼう)に立つことはない有路さんだが、20代半ばのころ、茨城県内のイタリアンレストランで修業した経験が血肉となっている。「当時、コックとして女性を雇う飲食店はほとんどなかった。茨城に遠縁がいたおかげで紹介してもらえた」と振り返る。調理師学校に通った経験がない有路さんは文字通り一から料理、接客業を学んだ。3年間の修業を通して「決して手抜きしないこと。食材にこだわり良い物だけを使うこと。この2点をたたき込まれた」。

■こだわりの店
 古里山形に戻り、28歳でカフェレストランの経営に乗り出す。ちょうど20年前。樹木や石材むき出しの店内、おしゃれなカフェの先駆けとして若者に受け、客足を伸ばした。その後、市内に居酒屋、寒河江市にレストランを相次いで出店。「料理を作っているのに、自分で食べる時間がない」。多忙を極めた結果、体調を崩し、二つの姉妹店は知り合いに引き継いだ。

 そんな中、2006年にオープンさせたのがナチュラルカフェ。安全安心な食、地産地消の店づくりにこだわる。山形の地で育った無農薬野菜をはじめ有機米などえりすぐりの食材を仕入れる。体に良い多彩な食品もそろえる。有路さんは「有機栽培のパスタだけは国内で手に入らないので、イタリア産を取り寄せている」と明かす。

■子どものため
 昼時に提供する日替わりランチなど5種類のメニューは、いずれも1500円前後(税別)。ワンコインランチなど低価格で勝負する飲食店が目立つ中、勝算はあるのか。店員は「女性客を中心に、ゆっくりと食事を楽しむ人が多い」と語る。「子どもに安全安心な物を食べさせたい」との理由で県外から足を運ぶ客もいるという。有路さんは「自分が子どものころは『外食ばかりしていては体に良くない』といった考えがあったが、それを覆したい。もっともっと安全安心な食材を使った料理を追求したい」と意欲を見せる。

(「やまがた農新時代」取材班)
やまがた農新時代 記事一覧
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から