東日本大震災

学校の大半は通常授業 東日本大震災

2011年03月14日
 東日本大震災後、初めての登校日となった14日、県内の多くの学校では、余震に警戒しながらも通常通りの授業が始まった。一方、国公私立の小中高・特別支援学校509校のうち、69校が通学手段が確保できないことや断水が続いていることから臨時休校。給食が提供できず、午前のみで下校させた学校は30校に上った。

 このうち大江町は、東日本大震災後に停電した影響で、冷凍庫に保管している給食食材の鮮度面に不安があるとして14日、小中学校4校で提供する予定だった給食を取りやめにした。食材は廃棄することになり、学校関係者は沈痛な表情を見せた。

 米飯を除き自校調理方式で給食を提供している左沢小(犬飼藤男校長、298人)では、14日に冷凍食品のヒレカツ、15日にエビフライなどを出す予定で、地震発生前から校内の冷凍庫に保管していた。だが地震後の停電がほぼ丸1日続いたことから、食材の鮮度面で安全が確保できないとして、児童と教職員分約330人分を廃棄することになった。献立作成に当たる小関真理子栄養教諭は「安全面を考えると仕方のないことだが、食べ物が足りない被災地のことを考えると複雑な気持ちだ」と涙ながらに語った。

 一方、給食提供の見通しが立っていなかった戸沢村の小中学校には14日午前、契約業者から給食用の物資が届き、授業も予定通り行われることになった。

 校内の安全点検のため休校となった戸沢中を除き、角川小中、古口小、神田小、戸沢小の4校に食材が届けられた。このうち戸沢小(横山薫校長、128人)には午前9時すぎから、村内外の業者が肉や野菜などの生鮮食品や牛乳を続々と運び込んだ。同校の給食は修了式前日の17日まで。同校は「予定通り食材が入らなければ一部メニューを変えて提供する」としている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から