東日本大震災

東根の一行3人生還 宮城で津波に、1人安否不明

2011年03月15日
住民たちを前に、被災した際の状況などを語る3人(マスクを着けた中央の3人)=東根市・新田公民館
住民たちを前に、被災した際の状況などを語る3人(マスクを着けた中央の3人)=東根市・新田公民館
 東日本大震災が起きた11日に宮城県石巻市方面へ海釣りに出掛けたまま安否が不明となっていた東根市の男性4人のうち、3人の無事が14日、確認された。4人は車に乗っていて津波に巻き込まれたという。同日午後、石巻市中心部から西に約35キロ離れた大崎市で家族と再会を果たした。残る40代男性の安否は分かっていない。

 地元関係者によると、4人はいずれも果樹農家。無事が確認されたのは、仲野広幸さん(47)、横尾亮一さん(45)、鈴木博之さん(39)。

 村山署や関係者によると14日午前6時ごろ、3人は「3人で古川(宮城県大崎市)に向かって歩いている。1人とはぐれた。車は流された。バッテリーが少ないので電源を切る」と、家族の1人に携帯電話でメール。さらに午後3時5分ごろ、3人は「大崎市のJR古川駅前にいる。無事だ」などと公衆電話からそれぞれの家族に連絡した。家族は午後4時ごろに大崎市に向かった。

 3人は午後9時25分、地元の人たちが待つ東根市板垣大通りの新田公民館に到着。「皆さんにご迷惑を掛け、申し訳ありませんでした。津波から車で逃げたが流されてしまいました」と疲れた表情で語った。津波にのみ込まれた後、4人とも車外に脱出したが、その後、もう1人の男性の行方が分からなくなったという。

 新田上区防災会の矢萩東也会長は「3人が無事だったことはまず良かったが、1人が行方不明の状態で喜んでいられない」と厳しい表情で語った。

 県や関係者によると、4人は11日朝、ワゴン車1台に同乗し、石巻方面に向かった。同日午後1時半ごろ、1人が家族の携帯電話に「石巻に着いた。これから釣りに行く」とメールを送った後、連絡が取れない状況が続いていた。

 山形新聞のまとめでは、東根を除く県内の市町村には、ほかに県人の安否不明情報は入っていないという。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から