東日本大震災

2号機損傷、放射能漏れ 首相「30キロ圏屋内退避」

2011年03月15日
 経済産業省原子力安全・保安院は15日、東京電力福島第1原発2号機で午前6時15分ごろ、原子炉格納容器の圧力抑制プールという設備付近で爆発音があり、プールが損傷したようだと発表した。外部へ広範囲に放射性物質が漏れたとみられる。菅直人首相は記者会見し「放射能濃度がかなり高くなっている」として、同原発から半径20キロ以内の住民への避難指示に加え、新たに20~30キロの住民に屋内退避を指示。政府と東電が一体となって対処するため、統合対策本部を立ち上げた。

 枝野幸男官房長官は、午前10時22分に、第1原発3号機付近で毎時400ミリシーベルトの放射線量を観測したと明らかにした。1時間で一般人の年間被ばく線量限度の400倍になる。長官は「身体に影響を及ぼす可能性の数値であることは間違いない」と述べた。

 格納容器の放射性物質閉じ込め機能が損なわれた。2号機の原子炉建屋も、隣接する3号機で14日に起きた水素爆発で損傷しており、閉じ込め機能が次々と失われ、外部への拡散が懸念される深刻な状況となった。東電は「放射線量が急激に上がる可能性がある」として、炉心への注水作業などに必要な人以外を一時的に退避させた。

 茨城県東海村の東京大の研究施設で15日朝、1時間当たり5マイクロシーベルトの放射線量が検出され、法に基づき国に通報した。北からの風が吹いており、福島第1原発事故の影響とみられる。

 東電は今後、燃料の大半が溶けるメルトダウン(全炉心溶融)について「燃料の損傷がある。起きる可能性は否定できない」とした。

 保安院によると、爆発音の後、プール内の圧力が通常の3気圧から1気圧に下がり、損傷があると判断した。

 核燃料が入っている原子炉圧力容器に海水を注入する作業は続けており、燃料が全露出していた状態から回復。燃料の下から1.2メートルまで水に漬かる高さになった。

 2号機は東日本大震災で11日に自動停止。14日に原子炉の冷却機能が失われ、原子炉の水位が急低下、核燃料が2度にわたり水面から完全に露出した。東電は15日午前1時10分、原子炉圧力容器の蒸気逃し弁を開け、海水の注入作業を再開した。

 緊急事態宣言が出ていた福島第2原発4号機は、安定的な「冷温停止」状態になった。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から