東日本大震災

不安あおる文書やメールに注意 県内に出回る「惑わされないで」

2011年03月15日
 福島県の原発爆発事故をめぐり「雨・雪が放射能を含んでいる可能性は70%超。触れないように」などとする出所不明のチェーンメールや文書が県内などに出回っていることが、14日分かった。先日も千葉県市原市のコスモ石油千葉製油所火災に関し、不安をあおるメールが出回ったばかり。総務省は「報道や行政機関のウェブサイトなどの信頼できる情報源で真偽を確かめ惑わされないように」と注意を呼び掛けている。

 この日朝、山形機械工業団地協同組合(山形市立谷川)に加盟する13社に「陸上自衛隊化学特殊連隊より緊急命令」と題する文書がファクスで届いた。原発の放射能漏れに触れ「明日の夜から水曜日まで雨・雪の予報です」で始まり「放射能を含んでいる可能性が70%を超えたため、降った場合は外に出ないか傘・レインコートを着て絶対に肌に触れないようにしてください」と警告している。

 同組合によると、文書は別の組合から受け取ったもの。加盟各社に組合名で送信後、根拠を欠く情報だったことが判明したという。蜂谷和俊専務理事は「はっきり確認しないまま送り軽はずみだった」と平謝りし、追って撤回の連絡をした。陸上自衛隊第6師団によれば、化学特殊連隊という組織は実在しない。

 チェーンメールも「皮膚に接触すると大変危険。被爆者になります」などと同趣旨の内容。ネットユーザーの間で広範囲に転送されているもようだが、県消費生活センターは「今のところ相談などは寄せられていない」という。

 製油所火災のメールに対して、コスモ石油は「タンクに貯蔵されていたのはLPガスであり、燃焼により発生した大気が人体へ及ぼす影響は非常に少ない」と自社のホームページで否定。枝野幸男官房長官は「いたずらに不安感をあおるので、ぜひ(メールを回すことは)避けてほしい」と呼び掛けた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から