東日本大震災

鶴岡の3人、炊き出し支援 山形の味、名取の避難所で

2011年03月15日
避難所の名取一中で、自らが被災者でありながら「みんなを元気づけたい」と炊き出しを行っている女性たち=14日午前11時、宮城県名取市大手町2丁目
避難所の名取一中で、自らが被災者でありながら「みんなを元気づけたい」と炊き出しを行っている女性たち=14日午前11時、宮城県名取市大手町2丁目
 鶴岡市の20、40代の災害ボランティア有志3人は12日夕、ワゴン車に豚肉20キロと地元の野菜などを積み鶴岡を出発。同日夜に名取市に着いた。市災害対策本部の指示で、約600人が被災する名取一中へ。阪神大震災時に一緒に活動したボランティア仲間と合流し、13日午後から、すいとんの炊き出しを行った。

 3人はいったん鶴岡に帰ったが、今回使った器具を残したままで、今後も被災地に戻りボランティアを続けるという。「被災地をどれだけ支えられるか、山形の力が必要」と鶴岡市小淀川、飲食店経営松浦雅也さん(27)ら3人。

衣類や毛布などの救援物資が届けられている名取一中の体育館。厳しく冷える夜に備えるため被災者たちが集まっていた=14日午前11時5分
衣類や毛布などの救援物資が届けられている名取一中の体育館。厳しく冷える夜に備えるため被災者たちが集まっていた=14日午前11時5分
 名取市小山の中田良子さん(67)は「すごく助かった。みんなで『おいしいね。さすが山形の食べ物だ』と話し合った」と笑顔で話す。体育館には布団や毛布、衣類、食料などが置かれている。一方、「下着が足りなくて困っている」「簡易トイレが少ない」。昇降口の時計は震災発生の「2時46分」で止まったままだ。「ちあきへ もしココに来たら体育館にいます」「めぐみ、のりあきは無事です」-伝言板には手書きのメッセージがびっしり。遺体の身元情報も張られてある。訪れた人たちは、張り出された名簿の名前を一人一人なぞりながら確認していた。

避難所になっている名取一中。壁には行方知れずの家族、友人に向けた伝言用紙がびっしりと張られている=14日午前11時20分
避難所になっている名取一中。壁には行方知れずの家族、友人に向けた伝言用紙がびっしりと張られている=14日午前11時20分
 「山形の人たちの炊き出しが力になった」-。東日本大震災発生から4日目の14日。奇跡を信じ懸命の救出作業が続く一方、被災した人々が暮らす避難所では支援の輪が広がっている。宮城県名取市の名取一中では13日、鶴岡市の男性ボランティア3人がすいとんを振る舞った。「隣の県だからこそできることがたくさんある」と3人は話す。「さすが山形の食べ物はうまい」。傷ついた被災者の心に“山形の味”がしみた。

(仙台支社・松田直樹、報道部・堀川貴志、秋葉宏介)
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から