東日本大震災

無念と怒り、南相馬から山形へ脱出 原発まで20キロ、愛する古里「人災だ」

2011年03月17日
先の見えない不安と無念さに涙をぬぐう男性=山形市総合スポーツセンター
先の見えない不安と無念さに涙をぬぐう男性=山形市総合スポーツセンター
 「もう戻るところがない」-。福島県から避難してきた人々が集まる山形市総合スポーツセンターで16日、毛布を広げ居場所を確保した南相馬市の男性会社員(50)は、先の見えない不安を口にした。愛着ある古里を離れざるを得なかった無念と怒り。その矛先は「安全神話」に彩られた原子力行政にも向けられた。

 男性の自宅は福島第1原発から約20キロの距離。津波の被害は何とか逃れたものの、12日の事故のニュースを聞いて、着の身着のまま家を飛び出した。「孫たちに放射線を浴びせたくない」との一心だった。財布も通帳も忘れてきた。ガソリンはぎりぎり。とにかく行けるところまで行こうと、娘夫婦や知人家族らと連絡を取り合いながら山形を目指した。

 福島県内の避難所は満杯で受け入れてもらえず、一度は自宅に戻り、車中泊もした。山形市の避難所にたどり着いたのは14日夜。体調が心配な70代の父母を東根市の知人宅に預け、孫のおむつを買うため長蛇の列に並んだ。県内に入って3日目、ようやく温かい食べ物を口にした。

 「地震や津波は天災だから諦めもつく。だが、原発事故で被ばくするのは人災。納得がいかない」と怒りが込み上げる。確かに今まで事故はなく、原発の恩恵もあった。その筆頭が雇用だ。男性は建設会社に勤め、原発近くに船が寄港できるよう、海底の砂とヘドロを分けるしゅんせつ作業に従事してきた。兼業農家として米も作ってきた。でも、もう仕事はないだろうとため息をつく。「原発に関わる仕事はなくなるだろうし、福島の米は被ばく米。そんな危険な米は誰も買わない」

 15日に村山保健所で放射線量を検査した。異常はなかったものの「大丈夫なはずがない」と譲らない。原発内部で仕事し、体調を崩して亡くなった人を何人も見てきたからだ。孫たちが障害のある子どもを産むかもしれない。不安を抱えた人生を歩まなくてはならない。「“今のところは”大丈夫ってだけでしょう。このまま黙っていたら私たちの被害も忘れられて終わり。仲間にも生き残ってもらって、原発事故は人災だと訴え続けたい」。孫のため。それだけが今の男性の生きる原動力となった。

 16日、避難所の中で50歳の誕生日を迎えた。25年計画で組んだマイホームの住宅ローンは来月で終わるはずだった。「これから、というところだったのに」。それまで気丈に語っていた男性は、込み上げる涙を抑えられなかった。「津波で打撃を受けたって、みんなでまちを復興できたのに。もう戻るところがない。山形市もいつまで受け入れてくれることか」。不安は次々浮かんでくる。「生きて苦労するなら、死んだ方がよかった」。思わず漏らしてうつむいた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から