東日本大震災

東根の釣り一行、残る1人も無事 宮城から生還、家族と再会

2011年03月17日
妻裕子さん(右)、長女愛弓さんと再会した深瀬弘茂さん=16日午後9時31分、山形市・JR山形駅
妻裕子さん(右)、長女愛弓さんと再会した深瀬弘茂さん=16日午後9時31分、山形市・JR山形駅
 東日本大震災が起きた11日、宮城県石巻方面へ友人3人と海釣りに出掛けたまま安否が不明となっていた東根市の農業深瀬弘茂さん(43)の無事が16日、確認された。同日夕、本人が宮城県内から家族に「大丈夫だ」と電話で連絡。5日ぶりに古里に戻り、家族と再会を喜び合った。

 「どんだけ心配したと思ってるのよ」。16日午後9時半ごろ、山形市のJR山形駅に駆けつけ、泣きじゃくる妻裕子さん(43)と長女愛弓さん(19)の肩をきつく抱いた。親戚や友人約30人が待つ東根市の新田公民館で出迎えられた深瀬さんは、震える声で「かあちゃんごめん」「皆さんご心配かけてすみませんでした」と深々と頭を下げた。

 深瀬さんらは11日午後1時半ごろ、1人が家族の携帯電話に「石巻に着いた」とメールを送った後、連絡が取れなくなった。石巻市の雄勝港付近で釣りをしようとしたが悪天候で断念。その後、海岸沿いを女川町方面に南下中、地震に見舞われた。地割れや落石の危険を感じ、市街地に移動したところで、津波にのみ込まれた。

 車から脱出したがはぐれ、翌12日に深瀬さんを除く3人は現場付近で合流。14日に無事が確認され、帰宅している。

 深瀬さんは「ものすごい勢いで流されたが、地元住民から差し出された物干しざおにつかまり、助かった」「連絡を取りたくても手段がなかった」と津波に巻き込まれた際の状況を語った。

 母親(70)は「最初の電話がかかってきた時、みんなで抱き合って喜んだ。命があって本当に良かった」と言葉を詰まらせた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から