東日本大震災

笑い声に希望の光 山形市総合スポーツセに450人身寄せ一晩

2011年03月17日
原発に近い南相馬市などからの避難者が多く、放射線量の測定も行っている=17日午前8時55分、山形市総合スポーツセンター
原発に近い南相馬市などからの避難者が多く、放射線量の測定も行っている=17日午前8時55分、山形市総合スポーツセンター
 東日本大震災の避難所となっている山形市総合スポーツセンターでは、15日夜から受け入れを開始し、主に福島県南相馬市周辺からの避難者約450人が身を寄せている。17日朝、同スポーツセンターで一晩を過ごした人たちの様子を追った。(報道部・秋葉宏介)

 「こら、走らないの」。はしゃいで駆けだした子どもの後ろを、母親が追い掛ける。午前6時50分。正面玄関脇に設置されたテレビの前に数人が集まり、地震や原発事故のニュースに見入っていた。約300人がいるというメーンアリーナでは、山形市が用意した断熱シートの上で家族らが体を寄せ合っている。毛布をかぶった若者、新聞を広げる中年の男性、携帯電話をいじる少女…。思い思い時間を過ごし、誰もが疲れた表情。マスク姿も目立ち、せき込む人も多い。「生きてたが、元気だが?こっちは大丈夫だ」。フロアの隅で、男性が携帯電話で知人に安否確認をしていた。

 男子トイレでは、お年寄りの男性がひげをそる。「10日ぶりだ。気持ちいいね」。近くの入浴施設で手に入れた50円のカミソリ。「大事に使わなきゃ」と笑った。「何カ所目だ」「ここで3つ目。もうガソリンなくてだめだ」。トイレではそんな会話が行き交う。事故があった福島第1原発に近い南相馬市などからの避難民が多く、津波被害で福島市などに避難した後、原発事故により本県に逃げ、避難所を転々として人も多いという。

 「(南相馬市を出る)3日前に握ったおにぎりを食べるか迷ってる。食料不足だから捨てるわけにもいかないし」。仁木ヒロ子さん(61)=農業=は2家族10人で逃げてきた。比較的温暖な福島県の浜通りは、雪が少ないという。季節外れの大雪に驚き、「外は真冬みたいだけどここは暖かい。生きてるだけでぜいたくは言えない」。

 避難所の入り口では、放射線量の測定器を持った山形市の職員が立っている。「このジャンパーを測ってください」。子ども抱きかかえた男性が歩み寄る。測定値に問題はなく、安心した様子で立ち去った。

 大人たちは疲れた様子だが、子どもたちは元気に走り回り、泣いたり笑ったり。節電で、薄暗い廊下を歩き「おばけごっこみたい」とはしゃぎ、救援物資として差し入れられたおもちゃで遊ぶ姿も。父親の会社員男性(37)は「今後のことを考えると心配なことはいっぱいある。でも、うちの子たちが元気だから、こっちも元気でいられる」。先行きの見えない避難生活を送る人たちにとって、子どもたちの笑い声が希望の光となっているようだ。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から