東日本大震災

本県の「おくりびと」、気仙沼で供養支援 最後の別れに寄り添って

2011年03月25日
 大勢の命が消えた東日本大震災。津波と大規模火災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市のセレモニーホールでは、本県の冠婚葬祭互助会が連日供養の支援に当たった。「海水で冷たかったろうから」。温かいお湯で遺体を清める湯灌(ゆかん)をしてあげたいが、電気もガスも水道もなく、ままならない。それでも、最後の別れに臨む遺族の慰めになれば…。本県の「おくりびと」は被災者に寄り添い続けた。

 被災を免れた気仙沼市岩月のアーバンメモリアルホール気仙沼。同じ互助会グループという縁で、酒田、鶴岡、新庄で葬祭場「玉泉院」などを運営する庄内互助センター(斎藤強社長)が14日夜、現地に向かった。「震災直後から全く連絡が取れなかったので、まずは行ってみようと。米や水、食料、棺おけを届けた」。新庄玉泉院の山科誠専務(45)は話す。

 15日から本格的な支援活動を開始したが、ライフラインが寸断され、お湯を沸かせなかった。「湯灌をしてあげたかったが…。持参した水で泥だらけになった顔や体を拭き納棺した」と山科専務。遺族は憔悴(しょうすい)しきった様子で、無言のまま見守っていたという。

 庄内互助センターは交代で現地に支援員を派遣。供養を希望する遺族が本県にも多く訪れるようになったため、24日いったんスタッフを引き上げた。鶴岡玉泉院の石井一帆さん(31)はこの日、小学校などの遺体安置所を回り、ドライアイスを当てる作業を続けた。電気もガスも水道も大半は復旧しておらず、宿泊先での生活は、ろうそくの明かりだけが頼りだったが「遺族のことを思うと頑張らなければと思った」。

 山科専務によると、現地では十分な供養ができないため「湯灌だけでも」と、新庄市を訪れる遺族もいるという。「14歳の男の子は油にまみれていた。シャンプーをしてお風呂に入れ、タオルで丁寧に拭いてあげたが、拭いても拭いても取れなかった」

 自らも被災した遺族にとって、悲しみに浸る間もなく無常の時は過ぎていく。死者・行方不明者が2万7000人を超える戦後最大の試練。山科専務は「今後は山形県内での受け入れがメーンとなるが、できる限り供養のお手伝いをしたい」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から