東日本大震災

専門知識生かし、介護ボランティア 酒田のNPOが陸前高田市に

2011年03月30日
 社会福祉活動に取り組む酒田市のNPO法人「あらた」(斎藤緑代表理事)は27日、岩手県陸前高田市の避難所を訪れ、専門知識を生かした介護や炊き出しのボランティア活動を行った。

 グループホームやデイサービスなどを運営する同法人は、メンバー全員が介護福祉士やヘルパーなどの有資格者。この日は9人が参加し、約90人が生活する同市内の慈恩寺を訪問した。

 2週間以上風呂に入ることができなかった妊婦の女性には、水を使わずに洗髪できるドライシャンプーをした。皮脂で固まった髪がさらさらになると女性の表情がぱあっと明るくなった。90歳近い寝たきりの女性には全身清拭(せいしき)と着替え、ハンドマッサージ。避難者たちの「何か山形の歌を歌って」というリクエストに、メンバーは花笠音頭を歌って聞かせた。

 庄内風芋煮の炊き出しを行い、市民らから寄せられた衣類や日用品などの支援物資も贈った。「里芋がおいしい」「この靴ぴったり」と明るい声でいっぱいだったという。

 斎藤代表理事は「避難者たちは物資や住む所の確保などで精いっぱい頑張っている段階で、寂しくなるのはこれから。話や悩みに耳を傾けるなどの心のケアを長期にわたってする必要がある」と話す。同法人は、今後も継続して支援する予定だ。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から