東日本大震災

震災が県内観光に打撃 宿泊、ツアーキャンセルも

2011年04月01日
当て込んでいたツアー客の利用が減少するなど、打撃が広がりつつある=フラワー長井線・長井駅
当て込んでいたツアー客の利用が減少するなど、打撃が広がりつつある=フラワー長井線・長井駅
 東日本大震災が本県の観光産業に打撃を与えている。温泉旅館では予約のキャンセルが相次ぎ、あおりを受けた上山市内の老舗の温泉旅館が自己破産申請の準備に入った。鎮まらぬ余震、原発事故の不安が追い打ちをかけ、暗雲が広がりつつある。

 鶴岡市の湯野浜温泉では、宿泊の取り消しが300件以上に達した旅館もあるなど、ゴールデンウイーク(GW)期間を含む温泉街全体のキャンセルは約1万人に上るという。米沢市内の温泉旅館経営者は「震災以降、一般客はゼロになった。大変な事態」と嘆く。天童市内のあるホテルでは、宿泊客と結婚式や謝恩会など日帰り客合わせて約1万1400人分がキャンセルや延期となり、約8000万円分の売り上げが消えた。

 上山市内の別の旅館は震災後、4月前半までの予約はほぼ全件がキャンセルに。担当者は「売り上げは3月が7割減。4月は8~9割ダウンも覚悟しているが、山形新幹線の再開で何とか7割減でこらえたい」と話す。

 業界関係者からは「被災者に配慮して旅行や会合を自粛する雰囲気が広がっている」「福島第1原発の事故もあり、東北に行こうという気持ちになれないのでは」「海外からの観光客は当分見込めず、誘客活動もできない」との声も聞かれる。

 桜の季節も期待できない。天童市の人間将棋(4月23、24日)が中止になるなど、関連イベントは中止や延期、縮小へと傾いている。山形鉄道(長井市)が運行し31日から通常ダイヤに戻ったフラワー長井線は、旅程の一部に組み込んでいた旅行業者のツアーにキャンセルが相次ぎ、当て込んでいた約2万人の利用がなくなった。

 山形市内の旅行会社によると、個人・団体の旅行は前年同期比で7~8割減っているという。この傾向は6月ごろまでは続くとみられ、4~6月に多い学校の修学旅行もキャンセルが出ている。秋以降、一定の需要が戻っても大幅な収入減は避けられない。

 一方で、わずかながら明るい兆しもある。山形市の蔵王温泉にはスキー場や旅館の営業に関する問い合わせが入り始め、鶴岡市のあつみ温泉では地元経済に配慮し、予定していた歓送迎会を行う住民も出てきた。「ガソリンなど燃料事情が良くなれば状況は好転する」との期待もある。

 こうした中、福島県が本県の旅館とホテルを2次避難先に指定し、滞在費用を公費で賄うことを明らかにした。ある旅行業関係者は「被災者の支援が一番で利益がほとんどないが、ゼロよりはいい。体力のない旅館・企業が倒れる前に一刻も早く始めてほしい」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から