東日本大震災

避難生活の中、就活する佐藤さんを応援 本紙読者がスーツなど贈る

2011年04月01日
山形市内の避難所に一時避難してきた佐藤聖一さん(左)。就職活動などに役立ててほしいと本紙読者から洋服や靴が贈られた
山形市内の避難所に一時避難してきた佐藤聖一さん(左)。就職活動などに役立ててほしいと本紙読者から洋服や靴が贈られた
 東日本大震災で住まいや衣類を失いながら就職活動に奮闘する東京法律専門学校仙台校1年佐藤聖一さん(19)を紹介した29日付本紙朝刊を読んだ山形市民が31日、佐藤さんに衣類や靴を贈った。

 佐藤さんは、これまで過ごした仙台市内の避難所が閉鎖されることになったため、この日、一時身を寄せる山形市内の避難所に移動した。プレゼントしたのは山形市内の夫妻と女性。夫妻は息子が着ていたスーツや靴、着替えを手渡し、「家族のことも心配でしょうが、希望を持って頑張って」と励ました。女性もスーツや着替えを寄せた。佐藤さんは「とてもうれしい。厳しいことがたくさんあるが、少しずつ乗り越えていきたい」と笑顔を見せていた。

 福島県南相馬市の自宅から仙台市の学校に通っていた佐藤さんは、学校帰りに被災。家族は福島第1原発事故の影響で新潟県に集団避難した。着の身着のまま、所持金も底を尽き掛けた状態で本県企業を訪問するなど、就職活動を続けている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から