東日本大震災

モンテサポーターがベガルタ支援 物資集め、選手も提供協力

2011年04月02日
支援物資の提供を呼び掛けるモンテディオ山形サポーターに選手も協力。左はGK鈴木雄太選手=天童市
支援物資の提供を呼び掛けるモンテディオ山形サポーターに選手も協力。左はGK鈴木雄太選手=天童市
 東日本大震災で被災した宮城県を支援しようと、サッカーJ1モンテディオ山形のサポーター有志が2日、天童市の県総合運動公園で支援物資収集活動を行った。

 現在、J1ベガルタ仙台は自チームのサポーターと連携し、支援物資の調達と避難所への配布作業を展開している。この取り組みに協力しようと、山形のサポーターズクラブ連合会「ULTRAS ACMY」が企画した。仙台側のニーズに合わせ、事前にインターネットを通じて下着や防寒着などを募集。賛同した県内のファン、サポーターがこの日、次々と運動公園に物資を持参した。東根市のパート従業員今田晃子さん(41)は家族で訪れ、「10年前からモンテを応援していて、当時は(現仙台監督の)手倉森誠さんがコーチだった。少しでも早く笑顔を取り戻してほしい」と手渡していた。

 また、練習の合間を縫ってモンテディオ山形の選手たちも物資を提供。DF石川竜也選手は「東北のみんなが大変な思いをしている。自分たちにできることは少ないかもしれないが、何かしら力になれればと思う」と話した。

 寄せられた物資は、3日、有志の手によって仙台市に届けられる。ゴール裏で応援を束ねるコールリーダーの山科智紀さん(26)は「仙台はライバルチームだけど、今は一日も早い復興を願っている。リーグ戦で対戦するときは、今まで以上に熱く戦いたい」と思いをはせていた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から