東日本大震災

復興支援兼ねた「しのぶ会」へ意欲 井上ひさしさん指導の「仙台文の會」

2011年04月08日
「奇跡の復興を信じて、被災した人々を応援したい」と話す有地和子さん=仙台市
「奇跡の復興を信じて、被災した人々を応援したい」と話す有地和子さん=仙台市
 故・井上ひさしさんから文章の指導を受けた「仙台文の會(かい)」は一周忌の9日に「しのぶ会」を予定していたが、東日本大震災の影響で延期を余儀なくされた。会長の有地和子さん(63)は「井上先生は『奇跡は信じている所に起きる』と話していた。奇跡の復興を信じて被災地の方々を応援したい」と話し、5月にも復興支援を兼ねたしのぶ会を開こうと、意欲を見せている。

 仙台文の會は1995年に発足した。メンバーは井上さんが講師を務めた文章講座の参加者。井上さんが講座の最後に「このまま解散するのはもったいない。会でもやりませんか。もちろん僕がお手伝いします」と呼び掛け、約100人の会員が集まった。

 毎月のように「文の會通信」を出しているほか、井上さんが出題したテーマで会員が執筆した文集を毎年発行。井上さんの芝居を一緒に観賞したり、出身地の川西町を訪ね「遅筆堂文庫生活者大学校」に欠かさず参加するなど活発な活動を続けてきた。

 一周忌の4月9日には「井上ひさしと私」をテーマにした第16文集を発行するとともに、井上さんが好きだったハーモニカ演奏、カレーライスを食べるイベントなどを予定していた。しかし、3月11日に東日本大震災が発生、印刷が進まず会場確保も困難になり、延期を余儀なくされた。

 「『ひょっこりひょうたん島』のモデルとされる島があり、小説『吉里吉里人』と同じ『吉里吉里』の地名がある岩手県大槌町も被災し、心を痛めていた」と有地さん。3月26日には震災後初めて文の會通信を発行した。表紙は井上さんの色紙「得意泰然 失意平然」。それぞれの年齢、立場、おかれた条件の許す限りで、英知を傾け努力し「さあ、前を向こう」というメッセージを載せた。

 しのぶ会では、井上さんがイタリア・ボローニャを旅した時の映像を上映し、復興に向けた街づくりなどについて考える。「『未来が見えなくなったら過去から学び生かしましょう』『涙を蒔(ま)いて喜びを刈る』『思案が尽きたら寝るのが一番』など、いまこそ先生に学ぶことがいっぱいある」と有地さん。「ひょっこりひょうたん島の歌のように、苦しいことや悲しいことにも、くじけずに、笑って前に進みたい。奇跡を信じてエールを送り続けたい」と意気込んでいた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から