東日本大震災

東根出身・高橋さん、英から駆けつけ医療支援 被災地で真摯に温かく

2011年04月10日
被災者とにこやかに会話しながら診察する高橋香さん(右端)と、菅原友美さん(右から2人目)=岩手県陸前高田市
被災者とにこやかに会話しながら診察する高橋香さん(右端)と、菅原友美さん(右から2人目)=岩手県陸前高田市
 この荒涼とした大地に、たくさんの命が輝いていた。笑い声が響いていた。そのことを胸にしっかり刻みながら、聴診器を手に被災地を歩く。東日本大震災は発生からあす11日で1カ月。岩手県陸前高田市では9日、留学先のロンドンから駆けつけた東根市出身の医師高橋香さん(35)が医療支援活動を続けていた。
(仙台支社・松田直樹、報道部・堀川貴志)

 「血圧も脈も『やんばいです』」。山形弁を駆使し柔和な笑顔で往診する。「ありがとうございます」。避難所の女性がほっとした表情で答える。9日昼前、陸前高田市小友町。

 大震災を知ったのは留学先のロンドン。親戚から電話があり、インターネットで検索した。「日本人学生による募金活動に参加し、励ましの言葉をもらった。役に立つことがほかにないか考えていた」

 陸前高田市では公益社団法人「日本国際民間協力会」が医療支援や物資配布をしている。同会は東北国際クリニック(桑山紀彦院長、宮城県名取市)と連携。クリニックがボランティアの医師を募集していることを知り応募。春休みに入ったこともあり、急きょ帰国して、医療支援に参加することにした。

 避難所の1つ、オートキャンプ場「モビリア」。「寒くないですか」「風邪は治りましたか」。スタッフと共に避難所を巡回し丁寧に診察。「津波、怖かったでしょう?」「血圧と脈を計らせてね」「気になることありますか?」。次々に声を掛けていく。

津波で壊滅した沿岸部で、がれきの中に紅梅の花が咲いていた。通り掛かった地元のお年寄りは「つらい時を協力して乗り越え、いつかみんなの心の中にも花が咲いてくれたらね」=岩手県陸前高田市
津波で壊滅した沿岸部で、がれきの中に紅梅の花が咲いていた。通り掛かった地元のお年寄りは「つらい時を協力して乗り越え、いつかみんなの心の中にも花が咲いてくれたらね」=岩手県陸前高田市
 「もらった薬があまり効かなくて、眠れない」。女性が悩みを打ち明けた。

 「違う薬、試してみますか」。高橋さんの優しく明るい応対に、被災者の心も和んでいく。

 一緒に活動するスタッフの中に鶴岡市熊出の看護師菅原友美さん(28)がいた。「被災した友人もたくさんおり、何か手伝いたいと思い参加した。高橋先生の真摯(しんし)で温かい姿勢はすごく勉強になる」

 巡回診療は避難所以外の高齢者宅などもカバーする。この日は高台の家庭を訪問した。津波でアスファルトやのり面を削られ、かろうじて車が通れるような砂利道も通り抜け、「こんにちは」。診察を受けた78歳と70歳の夫婦は「薬がなくなったらどうしようと思っていた。(医療支援は)とてもありがたい」と話す。

 高橋さんが陸前高田市に入ったのは6日。7日夜には震度6の余震も体験した。「すごく怖かった。3月11日はみんな本当に大変だったんだろうなとあらためて分かった」

 高橋さんは山形東高を経て、自治医科大を卒業。山形県立中央病院や町立八幡病院、町立最上病院、大蔵村の診療所と県内の医療機関で勤務してきた。昨年4月から半年間、タイの大学でマラリアや寄生虫など、昨年9月からはロンドン大学の大学院で公衆衛生について学んでいる。

 「自分も被災しているのに子供たちのために『心のケア』について必死に学ぶ中学校の先生の姿を見ていて、胸を打たれた。将来は途上国の医療支援に取り組みたい」。高橋さんの夢は大きく、深く、優しい。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から