東日本大震災

救援物資の「冬物衣料」扱いに困惑 米沢の保管所に山積み

2011年04月15日
大量に保管されている救援物資の衣類=米沢市・アクティ米沢
大量に保管されている救援物資の衣類=米沢市・アクティ米沢
 東日本大震災の被災者のために県内外から続々と寄せられる救援物資は多くの人々の避難生活を支えているが、ここに来て、季節が代わって需要がなくなった大量の冬物衣料の扱いが課題として浮上している。過去の大規模災害では、余った物資が処分された事例があり、このままでは人々の善意が無駄になる可能性もある。現場の新たな悩みだ。

 米沢市の救援物資保管・提供場所となっているアクティ米沢の体育館には段ボール箱が山積みになっている。体育館のスペースの半分を占める量だ。中身はボランティアによって男女、サイズ、種類別に細かく仕分けされた衣料品。需要が多いと思われる衣類については専用の区域を設け、被災者が選びやすいようきれいに展示しているが、並ぶのはこれからの季節に適した春物だ。

 震災発生以降、真冬並みの寒さが続いたため、毛布とともに大量の冬物衣料品が寄せられた。同施設で物資受け入れやボランティアの登録などを担当する市社会福祉協議会の渡部登一常務理事によると、着の身着のまま避難してきた人も多く、当初は防寒具やセーターなどの衣類の需要が多かったが、雇用促進住宅などへの入居が始まるにつれて、必要とされる救援物資の種類は家電や米、調味料などに変化してきた。衣類で今も高い需要があるのは下着類だという。

 市は既に下着と靴下以外の衣料品の受け入れを停止しているが、大量の“冬物在庫”については「今のところどうするかは決めていない。すぐに処分するわけにはいかないのでしばらくは保管することになるだろう」(市災害対策本部)。市民が被災者を思って寄せてくれた物資だけに慎重な対応をせざるを得ないとの立場だ。こうした状況について、被災者支援に関わる市民からは「最終的に処分しなければならなくなるのであれば、バザーに出品して、売り上げを全て義援金に充ててはどうか」といったアイデアも浮上している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から