東日本大震災

佐渡ケ嶽部屋、気仙沼で炊き出し 力士の元気を被災者に

2011年04月17日
被災者にちゃんこ鍋を振る舞う佐渡ケ嶽親方(中央、元関脇琴ノ若・尾花沢市出身)=宮城県気仙沼市
被災者にちゃんこ鍋を振る舞う佐渡ケ嶽親方(中央、元関脇琴ノ若・尾花沢市出身)=宮城県気仙沼市
 東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県気仙沼市。震災から1カ月以上がたった今も、荒涼としたがれきの山が広がる。約200世帯の8割が津波で家屋を失い、同市本吉町の仙翁寺に避難した大谷地区住民約250人を元気づけようと、大相撲の佐渡ケ嶽部屋は16日、現地で炊き出しを行った。力士たちから笑顔をもらった被災者たち。八百長問題などで苦境に立つ力士たちも被災者から「頑張って」と応援する言葉をもらい、「逆に勇気づけられた」と技量審査場所へ心を奮い立たせた。(報道部・田中大、佐藤裕樹)

 「あまりにもひどい」-。この日早朝、千葉県松戸市を出発した佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若・尾花沢市出身)は、バスの車窓から目にした気仙沼市内に衝撃を受けた。破壊され尽くした家屋に言葉を失った。「みんなを元気にしてあげたい」と心がはやったという。

 部屋の後援会長を務める二藤部洋おーばん社長が、佐渡ケ嶽部屋にこの日の活動を打診したのは1週間ほど前。共同出資会社「マークス」グループのスーパーが被災した気仙沼市で一緒に活動しようと提案し、佐渡ケ嶽親方が快諾。大関琴欧洲関、関脇琴奨菊関ら力士など計16人とともに気仙沼市に入った。

 この日の訪問を事前に聞きながらも「本当に来てくれるのか半信半疑だった」という小野寺わか子さん(57)。バスから降りる佐渡ケ嶽親方らを見つけると、表情が一気に明るくなり、ほかの被災者とともに駆け寄った。

 布団が敷き詰められたままの本堂や庫裏を回り「これで力をつけて」ともちを配った佐渡ケ嶽親方。琴奨菊関は男の子を肩車しながら、ほかの被災者に声を掛けて回った。「現役時代の相撲を覚えていますよ」「朝青龍との一番は見応えがあった」と佐渡ケ嶽親方に話し掛け、サイン入りの色紙を手に写真を撮った被災者たち。一緒に記念写真に収まった小学2年の斉藤詩織さん(7)は「おっきい」とうれしそうにデジタルカメラの画像に見入った。

 炊き出しは、部屋直伝のみそ味、塩味のちゃんこ鍋計400人分を用意。佐渡ケ嶽親方も盛り付け役を買って出た。子どもたちにはお菓子もプレゼント。震災以降、お菓子を口にする機会が減ったという小学2年の三浦向陽(ひなた)君(7)は「一番大好きなクッキーがある」と喜んだ。避難所の代表を務める大内守雄さん(68)は「みんなの笑顔を見るのは久しぶりだった。本当に元気をもらった」と話した。

 「被災地の現状は想像以上。(被災者が)少しでも元気になってくれたらうれしい」と琴欧洲関。琴奨菊関は「勇気づけようと思ってきた自分が、逆に励ましてもらった」と話し「相撲を一生懸命に取るしかない」。佐渡ケ嶽親方は2場所ぶりの場所開催となる5月の「技量審査場所」(東京・両国国技館)に向け「必死にけいこをし、私たちも頑張る」と誓った。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から