東日本大震災

東北復興へ観光誘客「キックオフ」 女将会が首都圏でPRへ

2011年04月26日
本県の観光振興と東北の復興へ団結を誓った「観光誘客キックオフ」=山形市・霞城セントラル1階アトリウム
本県の観光振興と東北の復興へ団結を誓った「観光誘客キックオフ」=山形市・霞城セントラル1階アトリウム
 東日本大震災の影響で本県の観光産業にも深刻な影響が出ている中、山形の観光振興を東北全体の復興に結び付けようと団結を誓う「がんばろう!東北 がんばろう山形県 観光誘客キックオフ」が26日午前、山形市の霞城セントラル1階アトリウムで行われた。出席した観光関係者約100人で「エイ、エイ、オー」の気勢を上げ、やまがた女将会が首都圏の大手旅行会社などへのPRのため、緊急キャラバンに出発した。

 吉村美栄子知事が、震災の直接的被害は少なかったものの県内のさまざまな産業に多大な影響が出ている現状に触れ、「こういう時だからこそ東北が心を1つにし、復興に向けてできることから実行しよう。本県はまず観光誘客から」とあいさつ。東北が手を携えて観光誘客を図る▽官民を挙げて風評被害と自粛ムードを払拭(ふっしょく)していく-ことなどを盛り込んだ観光誘客メッセージを読み上げた。

 続いて、県観光物産協会の武田吉則会長と内藤文徳副会長、JR東日本の木村稔山形駅長が決意を表明。やまがた女将会の佐藤洋詩恵会長が「女将会も最善を尽くして頑張る」とあいさつし、計6人で首都圏キャラバンに出発した。

 27日まで観光庁や大手旅行会社を訪問し、サクランボなど本県の観光資源をPRする。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から