東日本大震災

復興願い山鉾、東北魂込め制作 酒田JC、6県の“元気”祭り描く

2011年04月28日
東北地方の復興を祈り酒田青年会議所が制作した「復興山鉾・東北魂」=酒田市
東北地方の復興を祈り酒田青年会議所が制作した「復興山鉾・東北魂」=酒田市
 酒田青年会議所(JC、阿部敦理事長、82人)は、東日本大震災から東北地方が一日も早く復興することを祈り、「復興山鉾(やまぼこ)・東北魂」を制作した。酒田まつり(5月19~21日)の誘客PRを兼ねて、29日からJR新潟駅新幹線コンコースに展示する。

 酒田まつりは山王社の例祭「山王祭」として1609(慶長14)年から続き、1979(昭和54)年に酒田大火復興を祈念し酒田まつりに改称、2009年には創始400年を迎えた。酒田の山鉾は約230年前に登場した山王祭の目玉。明治末期に姿を消したが、08年に酒田JCが復活させ、酒田まつりの新たな呼び物になっている。

 復興山鉾は「立ち上がろう東北、酒田から元気発信!」をテーマに制作。高さ2.9メートル、幅1.5メートルの大きさで、今月上旬からJCメンバーと家族ら約100人が交代で作業を進めてきた。角材と針金で東北6県の形を作って和紙を張り、表面に6県の“元気”を表現する「ねぶた」「竿灯(かんとう)」「さんさ踊り」「七夕」「相馬野馬追(のまおい)」「酒田まつり」を色彩豊かに描いている。

 同JC酒田のシンボルやまぼこ委員会の内海和明委員長(30)は「われわれの元気で東北を盛り上げたい。大勢の観光客に酒田まつりに来てもらいたい」と話す。JR新潟駅の展示は5月15日まで。酒田まつり本祭り(5月20日)でも披露される。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から