東日本大震災

被災地に“出前銀山温泉” 温泉組合有志が石巻に源泉3トン

2011年05月17日
 尾花沢市の銀山温泉組合の有志が、東日本大震災の被災地・石巻市の避難所を訪れ、温泉と足湯のサービスを行った。現地はいまだに断水状態で、被災者からは「ようやく風呂に入ることができた。心も体も温まった」と感謝の言葉が相次いだという。メンバーは、今後も要望があればサービスを続けたいとしている。

 銀山温泉を多く利用してくれる宮城県の人たちに恩返しをしようと企画。組合員の知人の紹介を受けて今月9日、20数世帯が避難している同市雄勝町の「荒老人憩の家」に、6人の有志が温泉の運搬専用車を使って源泉から酌んだ60度の湯3トンを届けた。

 発泡スチロールに木の枠を組み合わせて作った縦約1メートル、横約60センチの即席足湯4個を用意したほか、避難所にあった「五右衛門風呂」4つに湯を入れて“出前銀山温泉”を準備した。現地では7日に電気は通ったものの、水道は止まったままで、震災後ほとんどの被災者は掛け湯のみで体を洗って過ごしていたという。約5時間の間に大人から子どもまで40人以上が利用し「ゆっくり風呂に漬かったのは久しぶり。温まるし、さっぱりして気持ちいい」などと喜んでいたという。

 現地を訪れた松本孝行副組合長は「被災者は落ち着きを取り戻しつつあるというが、まだまだ不便な生活を強いられていると感じた。温泉を必要としているところ、機会があればまた届け、少しでも役に立ちたい」と話している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から