東日本大震災

全日空とエア・ドゥ、22日で臨時便終了へ 山形空港発着「役目終えた」

2011年05月18日
 東日本大震災で仙台空港が被災したことなどに伴い、山形空港発着の臨時便を運航している全日空と北海道国際航空(エア・ドゥ)は17日、今月22日で臨時便の運航を終了する方針を固めた。両社によると、仙台空港の復旧が進み、東北新幹線も全線が開通したことから、「役目を終えた」と判断したという。両社幹部は17日、県庁を訪問して吉村美栄子知事に伝えた。

 全日空は3月29日から大阪(伊丹)と名古屋(中部)の両便を運航。エア・ドゥは4月18日から全日空と共同で札幌便を出していた。両社とも4月27日に今月22日までの臨時ダイヤを設定した後、23日以降は未定としていた。

 全日空によると、4月は両便とも平均搭乗率が約50%だったが、5月に入って搭乗率が減少したことを受け、東北地方の交通網が通常の状態に戻りつつあると判断した。

 23日以降の山形空港は日本航空のみ、羽田、大阪(以上定期便)と札幌(臨時便)の3路線運航となる。県交通政策課によると、定期便の搭乗率は5月に入っても高い水準で推移しているという。

 両社の臨時便終了を受け、同課は「このまま定期便として定着してほしいとの思いがあっただけに残念」。地元東根市の土田正剛市長は「仙台空港や新幹線の復旧状況を考えればしょうがないという思いはある」との認識を示す一方、「山形空港の今後の在り方についての議論と同時に、自動車関連企業の誘致など搭乗率アップのための施策がこれまで以上に必要だ」と主張した。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から