東日本大震災

被災の赤ちゃんと親を招待 長井市がプロジェクト、募集始まる

2011年05月18日
 長井市は、東日本大震災で被災した宮城県多賀城市の乳幼児とその親を市内の宿泊施設に招待する「赤ちゃん一時避難プロジェクト・長井市へ」を、24~27日の3泊4日の日程で実施する。被災者のストレスを少しでも緩和しようとの事業で、県内自治体では初のケース。多賀城市内の避難所にチラシを配布するなど、17日から募集が始まった。

 プロジェクトは、NPO法人全国商店街まちづくり実行委員会(安井潤一郎理事長)と、NPO法人日本ファーストエイドソサエティ(岡野谷純代表)などが自治体に働き掛けて実施。新潟県湯沢町では3月末から7月末までの予定で、同様の取り組みが行われている。

 長井市では実行委員会(委員長・内谷重治市長)を組織。宿泊や食事などにかかる費用(約2万円)は無料で、はぎ苑など市内の宿泊施設に20家族までを受け入れる。期間中、入浴や白つつじ公園散策、オカリナ演奏や大道芸などを楽しんでもらう。

 多賀城市と長井市は全国市町村あやめサミット連絡協議会の構成自治体で交流がある。実行委は「お母さんが安心して過ごすことが、小さな子どもにとっては何よりの栄養。この機会に少しでもリフレッシュしてもらえれば」と話している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から