東日本大震災

味マルジュウから義援金 丸十大屋、売り上げ1本で10円寄託

2011年05月25日
売り上げ1本ごとに10円が義援金として寄付される丸十大屋の「味マルジュウ」1.8リットル入り。対象商品のラベルには独自ロゴが印刷されている
売り上げ1本ごとに10円が義援金として寄付される丸十大屋の「味マルジュウ」1.8リットル入り。対象商品のラベルには独自ロゴが印刷されている
 しょうゆ・みそ製造の丸十大屋(山形市、佐藤知彰社長)は、同社の主力商品であるしょうゆ風調味料「味マルジュウ」の1.8リットル入り1本を売り上げるごとに10円を東日本大震災の義援金として日本赤十字社に寄託する取り組みをスタートさせた。

 今回の大震災で同社は、県内に避難してきた被災者、避難者のために即席みそ汁5400食分を提供したほか、宮城県などの被災者向けにポリタンク計360個を贈るなどしている。義援金の拠出もそうした支援活動の一環。

 佐藤社長と付き合いの深い西の京薬師寺(奈良県)の大谷徹奘(てつじょう)執事が揮毫(きごう)した「がんばろう東北」のロゴ入りラベルを作った。それらを張った商品を24日から順次、生産しており、近く店頭に並ぶ予定。

 対象は、9月末出荷分までで、約15万本に上る見込み。同社は「被災地でも多くの人からご愛顧いただいており、少しでも恩返しできればうれしい。東北全体が1日も早く復興してくれることを期待している」と話している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から