東日本大震災

被災がれきの再資源化、県内事業所が準備進める 酒田港に木材集積、バイオ発電の建材に

2011年06月08日
 東日本大震災で発生した大量のがれきを酒田港に集約してリサイクル処理する構想を県が打ち出す中、県内の事業所で住宅材や防風林など木質のがれきをバイオマス発電や仮設住宅などの建材として再利用する準備が進んでいる。被災地ではがれきの処理が喫緊の課題となっており、県は県内の事業所との連携を広げながらリサイクルの流れを構築する方針。

 被災地のがれきを酒田港に集積し、再資源化する試み。県は集積し分別したがれきについて、倒壊した住宅や建築物の廃木材、コンクリート材の資源化も視野に入れており、木質バイオマスを燃料にした発電に取り組む「やまがたグリーンパワー」(村山市)は被災地で発生した廃木材の有効活用に向けた態勢を整えている。木材をチップ化する関連会社の「やまがたグリーンリサイクル」(同)は、新たに解体木材の処理を行えるよう認可を取得した。

 やまがたグリーンリサイクルは従来、自然木に限って廃棄物処理していたといい、同社は「発電施設では津波で流された防風林などの活用が想定される。住宅木材はボイラーによる熱利用が可能だろう」と見通す。

 粉砕した木材を接着剤などで固めた建築用板材・パーティクルボードを製造する東北ホモボード工業(米沢市)も木質のがれき材活用を想定している。現在は廃材などを扱う関連業者と連携し、流通ルートを検討中。同社は「津波被害を受けた住宅の木材は塩害が懸念されるため、地震で倒壊した住宅木材が使いやすい。がれき材を混合して仕上げたボードを仮設住宅用に提供できれば復興支援にもつながる」としている。

 一方、多くの企業が「受け入れ態勢は整っても、がれきの収集や分別を誰が担うのかという問題は残る」と指摘し、がれき材を使うことによるコスト増への助成を求めている。県は「がれきの処理は一義的に被災した市町村が担っている。本県への搬入時期は不透明。廃棄物を有効利用するためには各種事業所との連携が重要になってくる」としている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から