東日本大震災

県議会特別委が被災地を視察 宮城・気仙沼

2011年06月14日
がれきが山積する被災地を視察する県議会の東日本大震災対策特別委員会メンバー=宮城県気仙沼市
がれきが山積する被災地を視察する県議会の東日本大震災対策特別委員会メンバー=宮城県気仙沼市
 県議会の東日本大震災対策特別委員会のメンバーは13日、宮城県気仙沼市を訪れ、復旧作業に追われる現地を視察した。

 特別委は正副議長を除く42人で構成。今井栄喜委員長、木村忠三副委員長をはじめ、政策提言をまとめる特別委小委員会の野川政文委員長ら計15人が視察に参加した。宮城県気仙沼地方振興事務所の宮原賢一所長の案内で、護岸の一部が冠水し漁船の停泊が不能となった漁港や、がれきの山となった水産加工工場の跡地などを見て回った。

 宮原所長は「がれき処理が済んだのは全体の半分程度。仮置き場の用地確保など課題も多い」と説明し、震災から3カ月がたった今も復旧・復興への道が険しいことを訴えた。今井委員長は「(被災地の現状を)聞くと見るとでは大違い」とし「山形県のマンパワーをどう被災地で生かすべきか、という当面の課題だけでなく、移住を考える被災者の受け入れなど多くの検討課題を協議していく」と話した。

 一行は14日、岩手県金ケ崎町の自動車工場、宮城県名取市のがれき集積所などを視察する。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から