東日本大震災

受付サイト開発、ボランティアバス支援 YCC情報システムが無償提供

2011年06月14日
YCC情報システムが無償提供を開始したクラウドコンピューティングを活用した申し込み受け付けサイト
YCC情報システムが無償提供を開始したクラウドコンピューティングを活用した申し込み受け付けサイト
 YCC情報システム(山形市)は、山形大と東北芸術工科大が東日本大震災の被災地に向け毎週運行しているボランティアバス「スマイルエンジン山形」の活動を支援するため、クラウドコンピューティングを活用したボランティア受け付けサイトを開発し、13日から無償提供を始めた。参加者集計など事務作業にかかる手間を大幅に省ける他、参加者が自分の登録状況を確認できるといったメリットがある。

 スマイルエンジン山形は、日常生活の10%を東日本大震災の復興支援に充てようという両大提案のキャンペーン「スマイル・トレード10%」の一環。先月14日から毎週土曜日に、学生や一般市民を募って運行している。

 参加者の募集は、大学の関係者が同キャンペーンのホームページからメールで受け付けていたため、参加者の集計やリスト作成の他、ボランティア内容が変更となった場合の参加者連絡などに多大な時間と手間がかかり、本来の目的であるボランティアのコーディネートや被災地ニーズとボランティアとのマッチングに注力できないといった問題が出ていた。

 この状況を知ったYCC情報システムが、豊富なノウハウを持ち、顧客企業に導入を提案しているクラウドコンピューティングを使った申し込み受け付けシステムの無償提供を申し出た。

 「クラウド」は、インターネット上の共有サーバーを活用したオンラインサービス。サーバー管理を専門会社に任せ、インターネットを介してサービスを利用することで、多額の初期費用を投じて自社サーバーやソフトウエアを導入することなく、低コストで運用できるメリットがある。

 今年末まで無償でシステムを提供する予定。同キャンペーンのホームページ上から申し込み受け付けサイトに入ることが可能になる。同社の小沼博研究開発部長は「他にもクラウドを中心とした被災者支援のシステムを考えており、今後もニーズに応じ、役立つものを提供していきたい」と話している。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から