東日本大震災

気仙沼に棚202個、仮設住宅の収納用に 新庄の家具製造会社が贈る

2011年07月12日
月岡産業が気仙沼市に贈るために作った棚=新庄市
月岡産業が気仙沼市に贈るために作った棚=新庄市
 東日本大震災の被災者の生活に役立ててもらおうと、新庄市の家具製造業「月岡産業」(阿部信雄社長)は、仮設住宅に設置する棚202個を作った。12日、宮城県気仙沼市に届けられる。同社は「収納用に活用してほしい。仮設住宅を出た後も、長く使ってもらえれば」と話している。

 仮設住宅は収納スペースや棚が少なく不便なことを阿部社長がテレビニュースなどで知り、「多目的に使える棚を作り、被災地に贈りたい」と考えた。贈り先は新庄市の山形大国際事業化研究センター最上サテライトを介し、今月上旬までに仮設住宅を202棟建てた気仙沼市に決定。1棟につき1個使ってもらえるよう202個製造した。

 棚は同社が主として使っている「低圧メラミン化粧板」を採用。輸入材を細かく砕いてチップにし、圧縮したもので、重さはあるが丈夫なつくりだという。白色の棚は幅45センチ、奥行き30センチ、高さ90センチ。棚板3枚は高さを変えることができる。同社社員がボランティアで業務終了後の約2時間を費やし、6月上旬から約2週間かけて作った。

 同社は11日夜、棚をトラックに積み込んだ。普段から取引がある酒田市の運送業者の協力で、仮設住宅近くの気仙沼市営野球場で12日朝、棚を渡すことになった。阿部社長は「従業員一同、被災者の役に立ちたいと思った。棚は自由に使ってもらえればありがたい」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から