東日本大震災

転入児童生徒、887人に 県内小中学校・大半が福島から

2011年08月20日
 福島第1原発事故などに伴い県内の小中学校に転入したり、夏休み明けに転入する予定の児童生徒が887人に上ることが19日、県教育委員会のまとめで分かった。10日現在の集計では、7月1日時点から約300人増加し、大半が福島県。新たに講師の配置が必要な学校が複数あり、県教委は9月上旬以降、同1日時点で一定の人数を受け入れている学校に対し、教職員を順次配置する。

 転入先は山形市が最多で小学生239人、中学生32人。次いで米沢市が小学生182人、中学生52人。山形市は夏休み明けに20人程度増える小学校があるなど増加幅が大きい。県別では福島県が830人、宮城県が52人、岩手県が2人、その他3人。

 本県は小中学校で33人以下の少人数学級編成を実施しているが、受け入れに伴い34人以上となったのは小学校が22学級、中学校が9学級。県教委はこうしたケースについても、「小学校なら25人程度以上受け入れている学校に常勤講師1人、8人程度以上で非常勤講師1人、4~7人程度で緊急スクールカウンセラー1人」といった配置基準に沿って対応する。ただし、既に緊急スクールカウンセラーが配置されている学校が非常勤講師配置の基準に達するなどのケースでは「新たな配置基準を検討する」としている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から