東日本大震災

作り直し、ミニでも思い出いっぱい 新庄のかばん店が被災ランドセル加工

2011年09月03日
傷んだランドセルをミニサイズに作り直す斎藤繁身さん。依頼者の思いに応えようと丁寧に作業している=新庄市
傷んだランドセルをミニサイズに作り直す斎藤繁身さん。依頼者の思いに応えようと丁寧に作業している=新庄市
 東日本大震災の津波で流され、その後見つかったランドセルを、新庄市内のかばん店の店主がミニサイズに作り直し、依頼した被災者から喜ばれている。この店主は「ランドセルに詰まった6年間の思い出を壊さないように心を込めて製作し、送り届けていきたい」としている。

 この店主は、沖の町で「かしわや鞄(かばん)店」を営む斎藤繁身さん(73)。依頼主の思い出のランドセルの素材を生かし、3分の1の大きさに加工するミニランドセルを18年前に考案し、製作を続けている。宮城県大崎市の道の駅「あ・ら・伊達な道の駅」内にある手作り民芸店・ふむ風夢(ふむ)=高田幸子代表=に作品を展示し、注文を受けている。

 仙台市若林区で被災した50代の女性から6月中旬に注文を受けた。高田代表によると「津波で住宅が流され、唯一見つかったのが赤いランドセル2個。娘2人に、思い出としてミニサイズで残してやりたい」と訪れた。

 そのうちの1つは何日間も海水に漬かったため、かなり傷んでいた。斎藤さんは「泥は落とされていたが、ぼろぼろの状態だった。姉妹の思い出を大切にしてやりたいという母親の思いに応えてやりたかった」と一部素材で補修したり、金具やビョウを交換しながら手縫いで作り直しに励んだ。

 約1カ月後、見事によみがえり、ミニランドセルを受け取った女性から大変喜ばれたという。この女性から7月にも、震災で海水に漬かった2個の赤いランドセルを預かり現在製作中。高田代表は「斎藤さんに依頼したかいがあった。被災したランドセルがミニサイズの“思い出ランドセル”として再生したことに感動した」と話す。

 斎藤さんは「喜ばれてよかった」と胸をなで下ろしていた。ミニランドセルの製作費は1個1万2600円から。かしわや鞄店0233(22)2819。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から