東日本大震災

「詳細な汚染地図作る」 福島市が山形、米沢で説明会

2011年12月28日
自主避難者を対象に福島市が開いた説明会=山形市民会館
自主避難者を対象に福島市が開いた説明会=山形市民会館
 福島市は27日、本県への自主避難者に対する初の説明会を山形市と米沢市で開いた。瀬戸孝則福島市長も出席する中、避難者からは放射線関連の質問や要望が集中した。「詳細な汚染地図を作ってほしい」との要望に対し福島市は「年明けに細かく測定を行い、民地を含めた詳細なマップを作りたい」と応じた。

 山形、米沢両会場の説明会で、福島市の担当者は小中学校などで行った除染で放射線量が減少した結果や、比較的線量が高い大波地区で来年3月末までに全382戸の除染を完了する見通しを示した。同様に線量が高めの渡利地区は年明け以降に除染を始め、この2地区以外は4月から順次実施するとした。子どもや妊婦に対する線量計の配布、全市民を対象とした内部被ばく検査についても説明した。

 山形会場の市民会館で親子連れら約40人を前に、瀬戸市長が「皆さんのことは常に頭にあり、除染や食品の検査などに日々努力している。現状を聞き、できる限りのことをしたい」と述べた。質疑応答では「認可保育所の広域入所を認めてほしい」との要望もあり、福島市側は「各方面から問い合わせがあるが、協議中」と答えた。

 米沢会場の市民文化会館には約30人が集まった。「地元農産物に放射性物質の数値表示を徹底して」などの質問に対し、福島市側は「除染が先行しているが、食品の表示も充実させていきたい」などと回答した。

 山形市には約3200人、米沢市には約2500人の福島市民が身を寄せている。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から