東日本大震災

吉村知事らが避難者と意見交換 「できる限り支援」

2011年12月28日
 東京電力福島第1原発事故で避難している福島県民と吉村美栄子知事、安部三十郎米沢市長らの意見交換会が27日、米沢市の万世コミュニティセンターで開かれた。屋根の雪下ろし費用助成に関し、吉村知事は「なるべく早く対処できるように考えたい」と述べ、支援を検討していく意向を示した。

 意見交換には、避難者でつくるボランティア団体の代表者や駐在している福島県職員らが参加。来場者からも質問を受け付けた。借り上げ制度の対象となった一戸建て住宅の屋根の雪下ろしについて、安部市長は「業者に依頼した場合、予算が出ないか」と県に要望し、吉村知事も「慣れている人でも危ない作業」と指摘。県と市は「前向きに検討する」と答えた。

 南相馬市の男性は、肺炎の予防吸引など自治体が独自に設けている行政サービスについて質問。「福島県に戻らないと受けられない。高齢者には負担が大きい」と悩みを吐露。吉村知事は「県としてできる限りのことをしていきたい」と述べた。

 席上、県に対する感謝の意見も相次いだ。福島第2原発が立つ同県富岡町から避難している谷本貴子さん(40)は「支援していただくばかりで申し訳なく思うこともある。とにかく感謝の気持ちを伝えたかった」と話していた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から