東日本大震災

山形給食セ、放射性物質の検査開始 幼稚園など提供分

2012年02月21日
 事業所や幼稚園などへの給食サービス事業を手掛けている協同組合山形給食センター(山形市、吉田真一郎代表理事)は、幼稚園や保育所などで提供している給食の放射性物質検査を、20日からスタートさせた。1週間分の給食を週明けにまとめて専門機関で検査し、週半ばにその結果をホームページで公表する方法で、2週間に1度実施する。

 東日本大震災を受け、県内の一部自治体では、小中学校の給食の放射性物質検査を行い、結果を公表する取り組みが始まっているが、民間の給食センターではまだそこまで進んでいないのが実情だ。

 山形給食センターでは、山形、山辺、中山、天童、上山、寒河江にある約50の幼稚園や保育園などで給食サービスを提供。震災後、園児の保護者などから、放射性物質への問い合わせが増えているという。食材の仕入れ段階から細心の注意を払っているが「公的機関で調べてもらうことで、少しでも安心感を持ってもらえれば」(大江良男専務理事)と検査実施を決めた。

 山形市や天童市などの学校給食センターが行っている方法に準じた内容で、月曜-金曜の給食検体を1つにまとめ、隔週月曜日に県理化学分析センターへ依頼。数日後に結果が分かった時点でホームページにアップする。

 一般食品に含まれる放射性セシウムの新基準値として厚生労働省が4月から適用する見込みの「1キログラム当たり100ベクレル」を超えた場合は給食提供を中止し、10ベクレル以上ならば原因の献立、食材について追跡調査するという。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から