東日本大震災

県内の遊休機械が被災地へ 日商プロジェクト、マッチング初成立

2012年02月28日
遊休機械無償マッチング支援プロジェクトで、県内第1号として被災地の事業所に無償提供されることが決まった自動かんな盤=山形市内
遊休機械無償マッチング支援プロジェクトで、県内第1号として被災地の事業所に無償提供されることが決まった自動かんな盤=山形市内
 東日本大震災被災地の産業立て直しを支援しようと、使わずに眠っている機械などを無償で提供してもらい、被災地で必要としている企業に贈る日本商工会議所(日商)の「遊休機械無償マッチング支援プロジェクト」が展開されている。県商工会議所連合会も今年1月に提供可能な機械の発掘や受け付けをスタートしていたが、県内第1号となるマッチングが成立し、来月2日に被災地へ機械が贈られることになった。

 プロジェクトは、地震や津波で生産機械が流失、損壊などした事業所の復興を支援するため、日商が東北6県商工会議所連合会と連携して創設。全国の商工会議所会員事業者から遊休機械を無償提供してもらい、被災事業者の要望とのマッチングを図る取り組み。

 被災地の商議所は、事業再開を目指す被災事業者の要望を収集し、必要としている機械を発掘。全国の商議所は、管内事業所から提供可能な機械などの情報を収集し、それぞれ日商のデータベースに登録する。東北6県連は、仙台商議所に機械の“目利き人”を配置。データベースの情報に基づきマッチングを進め、成立した後の機械の輸送までを手掛ける。

 これまで、被災事業者からの要望としてデータベースに登録された機械1495件に対し、全国から提供可能として登録された機械は995件。このうちマッチングが成立したのは276件に上る。

 山形県連では、準備の整った先月から提供可能な機械の受け付けを開始。これまでに7社から11件が登録された。今回、山形市内の事業所の自動かんな盤や卓上スライド切断機、木工用集じん機など4点が、岩手県釜石市内の一般建築業者の要望と合致した。

 同県連は「同じ東北の一員として、被災企業には一日も早く立ち直ってほしい。県内の企業にできる限りの協力を呼び掛けていきたい」と話している。コンプレッサーや溶接機、汎用(はんよう)旋盤、切削工具、電動工具、レンチなどさまざまな機械、工具の他、デスクや椅子をはじめとする事務機なども受け付けている。問い合わせは、同連合会(山形商議所内)023(622)4666。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から