東日本大震災

米沢への避難者、老人クと交流会 県内初、芋煮囲み、輪投げも

2012年02月29日
芋煮を囲んで懇談し参加者が親睦を深めた交流会=米沢市万世コミュニティセンター
芋煮を囲んで懇談し参加者が親睦を深めた交流会=米沢市万世コミュニティセンター
 福島第1原発事故などの影響で福島県から米沢市へ避難している高齢者と、同市万世地区老人クラブ連合会(須貝光雄会長)の会員との交流会が28日、万世コミュニティセンターで開かれ、芋煮を囲んでの懇談や輪投げを通じて参加者同士が親睦を深めた。老人クラブが地域に避難している高齢者と交流するイベントは、県内初の試みになる。

 避難者7人を含む30人余りが参加。輪投げでは、回数を重ねるごとに得点が増え、徐々に歓声が上がり自然な笑顔が見られるようになった。参加者同士の自己紹介に続き、万世地区連合会の女性会員が手作りした芋煮やショウガご飯、青菜漬けを食べながら懇談した。米沢の雪や福島に関する話題は尽きることがなく、会場は和やかな雰囲気に包まれた。

 「避難者の人たちも含め健康増進、融和を図っていきたい。春になったら外でウオーキングをしたい」と須貝会長。現在、家族10人で万世地区の雇用促進住宅で暮らしている上野操さん(76)=福島県南相馬市出身=は「一緒に話をしながら体を動かすのが一番。自然と交流が生まれる」と話していた。

 交流会は、県老人クラブ連合会からの依頼を受け、万世地区老人クラブ連合会が主催した。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から