東日本大震災

震災1年-やまがたの避難者[1] 本紙アンケート

2012年03月11日
 未曽有の被害をもたらした東日本大震災発生からきょう11日で1年。県内には福島第1原発事故などの影響で、福島県などから約1万3700人が身を寄せ、暮らしている。その数は中山町の人口約1万2000人を上回る。山形新聞社は10日までに、避難者50人を対象にアンケートを行った。避難生活を送る上での最大の課題や悩みでは「家計・仕事」が半数を占め、「当面、山形を生活拠点にする」と考えている人は78%に上った。放射線問題が重くのしかかる現状も浮き彫りになった。(「やまがたの避難者」取材班)

■避難生活の課題
 多くの人が挙げたのは「家計・仕事」(52%)。以下、「育児・教育」(17%)、「人間関係」(14%)、「その他」(10%)と続く。夫が福島県内に単身で残り、山形で妻子が暮らすといった「二重生活」が家計を圧迫している。「その他」は「家族がバラバラで精神的に辛い」「食べ物の放射線汚染が不安」など。

■就労状況、家計
 90%が「本人や家族が働いている」とした。家計に関しては、56%が震災後に収入が減り、うち半数が「とても減った(3~5割減)」と回答。「支出が増えた」は84%に上った。家計のやりくりを尋ねた欄には「節約」「我慢」「貯金を取り崩す」が並んだ。

■就学、進学
 子どもがいる家庭の48%は山形県内での就学や進学を検討しており、「避難元」は23%にとどまった。「子どもが学校を卒業するまで山形にいる」との回答が目立つ一方、「子どもの健康のため山形にいたいが、住宅の借り上げ期間が満了したら、戻らざるを得ない」という親も多かった。

■今後の生活拠点
 78%が「当面は山形」と考えている。「福島や宮城の自宅など避難元に戻る」は12%。郡山市の女性(39)は「常に放射線を気にしなければならない生活はもう耐えられない」と明かす。

■古里に戻る条件
 「放射線量の低減」が最多の39%。「原発廃炉の工程表の進展」が16%、「インフラの復旧」が12%。「戻らず山形で暮らす」も10%だった。

■古里の復旧、復興の進捗(しんちょく)状況について思うこと
 南相馬市の女性(38)は「全然進んでいない。4月に『警戒区域』が解除されても、本当に戻って大丈夫なのか…」。同市の農業女性(64)は「田畑を除染できても販売は無理ではないか。地元に戻っても生活は難しい」と漏らす。

 アンケート回答者の避難元の県別内訳は福島45人、宮城5人。男性13人、女性37人。県避難者支援班によると3月8日現在、本県への避難者は1万3730人。内訳は福島1万2980人、宮城686人、2県以外は64人。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から