東日本大震災

苗木2400本相当、県内外から善意着々 防風林再生プロジェクト

2012年03月11日
クロマツの苗木の植栽には仙台市若林区の避難者の一行も参加した=昨年7月、新庄市・エコロジーガーデン
クロマツの苗木の植栽には仙台市若林区の避難者の一行も参加した=昨年7月、新庄市・エコロジーガーデン
 震災津波で壊滅的被害を受けた仙台市若林区の防風林を再生させるため、海岸沿いにクロマツを植えるプロジェクトに取り組んでいる「松ノ木支援実行委員会」(代表・堀江敏幸新庄郵便局長)にこれまで、市民らから苗木購入費として240万円の協賛金が寄せられた。関係者は「防風林再生プロジェクトを機に仙台と新庄の交流拡大につながれば」としている。

 行政や市民らがボランティアで若林区の避難所に食料や衣料品などを届ける中で「防風林が流され、風が強いと大変だ」と嘆く避難者の声を聞き、新庄市の市民有志らが昨年6月、松ノ木支援実行委を組織した。

 防風林再生プロジェクトと銘打った取り組みは、クロマツの苗木購入代金や育成管理費、運搬費などとして1口1000円の協賛金を寄付してもらう。苗木は山形県内で育てて数年後、協賛者と若林区の住民が協力して現地に植樹する仕組みで、目標の苗木は約2万本。協賛金は昨年6月から2月末までに、県内外から240万円(2400本相当)が寄せられている。

 実行委は国や宮城県、仙台市などの復興プランを見据えて取り組む。マツクイムシに強い抵抗性のあるクロマツが最適との話も出ており、実行委の星川基事務局長は「現地の基盤整備が進まないと植栽はできない。仙台森林管理署など関係機関と連携を取りながら進める」とし、2年後にも植樹したい考え。

 若林区の自宅が防風林と共に流された堀江代表は「新庄市民の善意に感謝している。実現に向けてこつこつとPRし、支援の輪を広げていきたい」と話している。郵便振替口座は02250-4-133922、口座名は「防風林再生プロジェクト」。問い合わせは星川事務局長090(5838)6255。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から