東日本大震災

希望乗せ風船を空へ 1年ぶり、仙台の海岸へ歩く

2012年03月12日
犠牲者の鎮魂と未来への希望を願い風船を飛ばす参列者=仙台市若林区荒浜
犠牲者の鎮魂と未来への希望を願い風船を飛ばす参列者=仙台市若林区荒浜
 186人の命が津波とともに消えた仙台市若林区荒浜。震災直後、大量のがれきに阻まれ、たどり着けなかった海への道を11日、1年ぶりに歩いた。

 仙台東部道路のガード下から海岸線まで約3キロの道のり。昨年3月12日早朝、遠くで上がる黒煙を横目に見ながら歩き続けた一本道。大地を埋め尽くしていた漂流物は片付けられ、「あの日」の痕跡はほとんど見当たらない。

 しかし、半分ほど進むと風景は一変する。どこまでも広がる荒野。灰色の土台だけが、かつて住宅街だったことを示す。海岸線にまばらに残る松林が痛々しい。

 どこからか規則正しい音が聞こえてきた。復興工事のつち音だろうか。周囲を見回す。太鼓をたたいて供養の経を読みながら行進する集団だった。

 海岸の入り口に立つ慰霊塔を前に午後2時半から一周忌追悼法要が始まった。「この世の無常を痛感」「安らかに眠ってください」「苦しみを乗り越え立ち上がることが犠牲者の願い」。代表者が涙ぐみながらあいさつする。震災発生の2時46分、全員で黙とう。自分も手を合わせる。

 法要後、参列者が花の種を入れた風船を一斉に飛ばした。赤、黄、緑…色とりどりの風船が青空を舞う。帰路。失われた命の鎮魂、一日も早い復興を祈りながら一歩ずつ踏み締めた。
(仙台支社・松田直樹)
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大
ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【やましんe聞スタート】
     紙面イメージをスマートフォン、タブレット、パソコンで読める新しい電子版「やましんe聞(イーブン)」の無料サービスを、読者限定で6月16日にスタートしました。詳しくは、こちらから。
  2. 天気情報をリニューアル
     ホームページと携帯・スマートフォンサイト「モバイルやましん」で提供している天気情報を拡充し、見やすくリニューアルしました。天気情報は無料でご覧になれます。便利になった天気コンテンツを毎日の暮らしにご活用ください。
  3. 【2014年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2014年の8大事業が決まりました。年間紙面企画「やまがた観光復興元年」、「やまがた農新時代」。山形美術館では特別展「細川家の名宝と細川護熙の風雅」の開催など、今年も豊かな県民生活を願い多彩な事業を行っていきます。
    詳しくは、こちらから
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から