東日本大震災

宮城県知事、本県訪れ震災後の支援に謝意 吉村氏と会談、国道347号整備で一致

2012年05月11日
吉村美栄子知事(右)に東日本大震災後の支援に対する謝意を伝える村井嘉浩宮城県知事=県庁
吉村美栄子知事(右)に東日本大震災後の支援に対する謝意を伝える村井嘉浩宮城県知事=県庁
 宮城県の村井嘉浩知事が10日、山形県庁を訪問し、吉村美栄子知事と面会、東日本大震災の発生後、山形県が行ってきた職員派遣、がれき受け入れといった各方面の支援に謝意を示した。災害発生時の迅速な救援活動を実現するため、両知事は山形空港、両県を結ぶ国道347号の整備を進める必要があるとの認識で一致した。

 震災発生後、村井知事が山形県庁を訪れたのは初めて。吉村知事と握手を交わした後、震災からこれまでの歩みを振り返り「全国の都道府県にお世話になったが、山形県による物心両面の支援なくして今の宮城県はない」と強調、山形県の援助に感謝した。

 これに対し、吉村知事は「宮城と山形はつながりが深い。県民挙げて宮城県が復興、再生するのを望んでいる」と述べるとともに▽被災した仙台空港の機能を代替した山形空港の駐機場拡張▽冬期間閉鎖される国道347号の通年通行-に向けた協力を要請した。

 村井知事は11日に国土交通省航空局長と面会する予定といい「山形空港をさらに使い勝手のいい空港にすることは極めて重要で、宮城県として側面支援する」と明言。さらに「国道347号の通年通行は今後5年以内に実現すると県議会で表明したが、両県をつなぐ重要な横軸であり、5年と言わず一日も早く可能になるよう努める」と応じた。
東日本大震災 記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] 
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から